ボカロ曲進化展〜ボカロ曲が漫画と小説になるまで〜

写真拡大

中野ブロードウェイ内にあるギャラリー・pixiv Zingaroにて、「ボカロ曲進化展〜ボカロ曲が漫画と小説になるまで〜」と題された企画展が開催される。会期は2月20日(金)から3月3日(火)まで。

企画には「ボカロ曲から生まれるコミック誌」としてWebと雑誌の両輪を展開する『COMIC@LOID』が携わっているほか、40mPさん、シャノさん、たまさん、DECO*27さん、akkaさんといったネット上で人気を集めるクリエイターのサイン会も行われる。

漫画や小説へと進化するボカロ楽曲



10代の女の子を中心に幅広いリスナーに愛され、「踊ってみた」や「歌ってみた」に代表されるように、様々な形で創作活動の連鎖を生んできたボーカロイドから生まれた音楽「ボカロ曲」。近年では「ボカロ小説」や「ボカロ漫画」に代表されるように、楽曲の世界観を物語にして表現されることも多い。

企画展「ボカロ曲進化展〜ボカロ曲が漫画と小説になるまで〜」では、今や国内のティーンエイジャーのみならず、東南アジアなど国外のファンからも熱い視線を集めるボーカロイドの人気曲をフィーチャー。それらの楽曲が、どのようなプロセスを経て、漫画や小説へ進化していくのかを紹介するという。

モザイクロール / DECO*27



【ニコニコ動画】【GUMI】モザイクロール【オリジナル曲PV付】

人気楽曲のMVを生み出したイラストレーター・たまさん、akkaさん、CHRISさん、市ノ瀬雪乃さんたちが制作した漫画ネームやキャラクター設定イラストといった未公開資料の展示も行われるという。ボカロ曲が内包する豊穣な世界観の一端を見ることができる。