先週は厳しい表情を見せたが、調整できたようだ(Photo by Chris TrotmanGetty Images)

写真拡大

<ピュアシルク・バハマLPGAクラシック 事前情報◇4日◇オーシャンクラブGC(6,644ヤード・パー73)>
 米国女子ツアー今季2戦目となる「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」がバハマにあるオーシャンクラブGCにて5日(目)に開幕。今シーズン2試合目を迎える宮里藍が、この日プロアマに出場。最終調整を行った。
米ツアー初戦を迎えるさくら、急遽の出場も「いつもと変わらないかな」
 先週の「コーツ・ゴルフ選手権」では最終日に“79”と大崩れ。トータル7オーバーの66位タイで開幕戦を終えた。課題に挙げていたパターではなく、「自分のフィーリングと結果がマッチしていない」とショットでスコアを落とした。だが、今週調整できたようだ。
 「浅くなる傾向にあって、それでタイミングをつかめなかったと思います。すっぽぬけたりとかあったりしましたが、大分手首を柔らかく使えるようになって、自分のタイミングと合ってきてるので大丈夫です」と手応えを感じさせた。
 警戒すべきこのコース特有の強い風も「風はふくものだと思っているので。昨日と今日で風の向きが違う状態でラウンドできたので、良い練習ができたかなぁ」と対策もばっちりだ。
 「このコースは好きです!綺麗ですし、海風は重たいですが、昨日やってきた部分もあるので大丈夫です」と最後まで笑顔を見せた宮里。今季2戦目に向け、良い準備ができたようだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>