写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イーマインターナショナルが運営するトータルエステティックサロンSBS TOKYOは、20代〜40代の社会人男女300人を対象に「冬の環境についてのアンケート」を実施した。調査期間は2014年11月28日〜30日。

○オフィス室内の温度設定に約半数が不満あり

オフィス室内の温度設定について尋ねたところ、「不満がある」「どちらかというと不満がある」と、何かしらの不満があると答えた人は、全体の48.6%を占めた。「どちらかというと不満がある」と回答した人は32.8%で、「口にするまでもないけれど、なんとなく不満」と潜在的に問題を感じている人が多いことがうかがえる。

オフィスの温度設定に対して聞くと、「寒い」「どちらかといえば寒い」と答えた「寒い派」は57.3%、「暑い」「どちらかといえば暑い」と答えた「暑い派」の人は42.6%で、やや寒いと感じている人が多い結果となった。

具体的には、寒いと感じている人からは、「足元が寒い」という回答が多く、暖房が効いていても足元に寒さを感じているようだ。一方、オフィスが暑いと感じている人からは「冬なのに汗だくになる」といった回答が寄せられ、暖房の設定温度の高さに不満を感じている人が多いことがわかった。

職場において、エアコンの温度設定をめぐる争いは起こっているかどうか聞くと、40.7%が「ある」と回答した。密かに温度設定を変える人や、極端に暑がり・寒がりの上司がいるため我慢しなければいけない人がいるなどと、水面下では様々な争いが起こっているようだ。

(フォルサ)