アギーレ監督は、昌子や植田など若い世代の抜擢も少しずつ進めていただけに、協会としても今回の事態は痛恨事だったはず。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 2010年南アフリカ・ワールドカップは、日本サッカー界の大きな転換点となった。
 
 協会内では岡田武史監督が本大会で採用した守備的なスタイルを今後の指針にするわけにはいかないとの反省があったが、国際的にはベスト16進出という結果がインパクトを残し、その後日本の選手たちの欧州進出は加速した。
 
 そして当時の原博実技術委員長(現専務理事)は「日本代表の中心選手が欧州のビッグクラブでプレーをしている以上、そのチームを率いる監督もそれ以上の経験の持ち主であるべきだ」と判断するのだ。岡田氏の後任監督の候補者リストはすべて欧州、南米出身者で埋められ、実際にアルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレと外国人監督が続いた。ザッケローニ監督には、ユベントス、ミラン、インテルとイタリアの3大クラブを率いた経験があった。しかし代表監督の経験がなく、その懸念が現実となった部分もある。
 
 その点アギーレ監督は、原専務理事がザッケローニより先にコンタクトを取って来た本命で、メキシコ代表を率いて二度のワールドカップを戦い、アトレティコ・マドリー、サラゴサなどでリーガ・エスパニョーラでの実績も備えていた。日本協会の大仁邦弥会長は、八百長疑惑の告発が受理されなければ続投させていたと語ったが、確かに代表のチーム作りに関しては熟練し、納得できる部分もあった。結果が求められるアジアカップでは、ほとんどブラジル・ワールドカップのメンバーに託すことになったが、才能を見極め昌子源、植田直通らを連れて行くなど、少しずつ将来への布石も打っていただけに、協会としては痛恨の出来事だったはずだ。
 
 原専務理事は、技術委員長の役割について「常に“もしも”のケースに備えて準備をしておかなければならない」と語っているので、すでに候補者リストは作成され、次期監督の招聘に向けて動き出している可能性は高い。
 
 ただしメディアは、それを急務だと騒ぎたてるが、大仁会長の言う通り「間に合わせの人事」だけは絶対に避けるべきだ。おそらく技術委員会が新監督に求めるハードルは非常に高い。それなら妥協せず、シーズン終了後を見据えた交渉を進めた方が確実に実りは多いはずだ。
 なかなか万能な監督は存在しない。どんな優秀な人材でも、クラブとの相性が合わずに結果を得られないケースはある。例えば、日本協会がしばらくラブコールを送り続けたアーセン・ベンゲルも、シーズン早々にモナコの監督を解任されたから、名古屋で突出した辣腕ぶりを発揮できた。
 
 シーズン終了の契約切れを待てば、思わぬ掘り出し物と出会える可能性が広がる。日本代表は3月に2つの親善試合があり、6月にはワールドカップ1次予選が始まるが、この数試合なら暫定監督でも十分に戦える。
 
 しかし一方でもう少し現実的な判断をするなら、日本代表に興味を持つ監督にアプローチする手もある。残念ながらコロンビア代表のホセ・ペケルマン監督は契約を延長したが、ブラジル・ワールドカップで対戦した後の会見では、まるで売り込むかのように日本代表を絶賛していた。自分が手がければ日本は伸びる。そう考える監督は、意外と少なくない。
 
 さらに可能性を広げるなら、巷間伝わるルイス・フェリペ・スコラーリや、Jリーグで実績を残したオズワルド・オリヴェイラ、さらにはレヴィー・クルピなどが挙げられる。この中で実績では最上位に来るのがスコラーリだ。ブラジルのビッグクラブで立て続けに実績を残し、同国代表を率いて2002年ワールドカップを制覇。その後はポルトガル代表を率いて、ユーロ準優勝、ワールドカップでベスト4と、南米、欧州の両大陸で結果を出した。