FX[選択式自動売買]は究極のほったらかし投資術
自動売買と聞くとプログラムの専門的な知識が必要で初心者には難しそうなイメージがある。しかし、選択式自動売買ならプログラムを選ぶだけでOK。忙しい人、初心者こそ活用すべきそのメリットを紹介する

 ニュースで「6年ぶりの超円安到来!」といった報道がなされるほど為替が動く昨今。「円高のときに米ドルを買っていれば儲かっていた」と悔やむ人や、「こんなに米ドル/円が円安になるのなら、FXを始めてみようかな。でも、知識も時間もないし……」と思う人は多いハズ。そんなFX初心者や忙しい人にピッタリなのが、選択型自動売買ツールでのFX取引だ。自動売買に詳しい投資家のしろふくろう氏はこう語る。

「いくらFXが24時間取引可能だとはいえ、チャートを見なければいけませんし、ニュースを読んで経済状況の分析も欠かせません。やはり、サラリーマンがFXをやろうと思っても、取引が可能なのは朝の出社前の時間か、帰宅後に限られるでしょう。まとめてもせいぜい4時間程度といったところ。そんな忙しいサラリーマンに選択型自動売買はピッタリです」

 その理由について詳しく見ていこう。

◆選択型自動売買は時間のレバレッジを最大限に使える!

「自動売買と聞くと難しそうな印象があります。確かにMT4に代表されるようなプログラム型自動売買は難しい。相場状況に合わせて、プログラムを走らせるために、為替市場の知識も必要ですし、プログラミングの知識もいります。自分の思い描いた通りにプログラムを動かせるのはメリットなのですが、ハードルが高く、プログラム型自動売買は上級者向けです。ですが、選択型自動売買はプログラムを選ぶだけ。選んだらあとは何をしていても大丈夫です。仕事をしていても寝ていても選択したプログラムが動き、取引をしてくれます。忙しいサラリーマンにとって、代わりに取引してもらえるのは大きなメリットでしょう」

 プログラムの知識を覚える手間も時間ないというサラリーマンに、うってつけなのが、選択型自動売買なのだ。

「それに選択型自動売買ならば、24時間取引ができるFXの時間的メリットを最大限享受できます。つまり、サラリーマンがせいぜい取引できる4時間に加えて、それ以外の20時間も取引できる時間が増える。24時間常に選んだプログラムが動いてくれるわけですから、6倍の収益チャンスがあるというわけ。私はコレを“時間のレバレッジ”と呼んでいます。レバレッジを効かせたほうが、FXでは収益が出たときのインパクトは大きくなりますから」

 レバレッジは小さな証拠金で大きな金額を取引するテコのような仕組みだ。

【しろふくろう氏】
自動売買に詳しい個人投資家で海外のFX業者にも精通。著作に『FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術』(日本実業出版社刊)

― 寝てても稼げる[FX選択式自動売買]のススメ【1】 ―