「夫婦フーフー日記」が漫画化、闘病ブログから生まれた泣けるコメディ。

写真拡大

実在の闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)が、佐々木蔵之介×永作博美で「夫婦フーフー日記」(配給:ショウゲート)として映画化され、5月30日より全国公開される。それに先駆け、本作のコミック化が決定。「ビッグコミックオリジナル」(小学館刊)にて連載の運びとなった。

「がんフーフー日記」は、“ダンナ”こと清水浩司が、長年友人だった“ヨメ”と出会って17年目にして結婚、1か月後に妊娠発覚、その5か月後にはヨメに悪性腫瘍が発覚し、怒涛の育児と闘病生活を送った夫婦が駆け抜けた493日の記録だ。その記録は闘病ブログとして人気を博し、2011年に書籍化された。

映画化にあたっては、「死んだはずのヨメと残されたダンナが、夫婦の軌跡を振り返る」という設定が加えられ、ブログには書かれなかった夫婦の想い、そして家族の愛を浮き立たせ、笑いながら涙が溢れる、かつて無いストーリーが誕生。夫婦を支える友人・家族役には、杉本哲太、佐藤仁美、高橋周平という、演技派俳優陣らが脇を固め、個性あふれるキャラクターを創り上げた。

コミック版は「ビッグコミックオリジナル」の2月20日(火)発売号より全6回連載。さらに映画公開直前には単行本が発売予定だ。「オリジナル新作賞・大賞」受賞の新進気鋭の作家くれよんカンパニーが、映画の“泣けるコメディ”という世界観を温かくコミカルに表現している。

映画「夫婦フーフー日記」は5月30日より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー。

☆「夫婦フーフー日記」あらすじ

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生した矢先、ヨメの病状が悪化し他界してしまう。そんなおり、ダンナのブログに書籍化の話が持ち上がり、原稿に向き合うことで現実逃避をするダンナ。そんな彼の前に、彼の心が見せる幻影? なのか、死んだはずのヨメが現れ…。やがて、生きている間には伝えられなかった、それぞれの想いがあふれ出す―。