世界初“雪のスター・ウォーズ”、「さっぽろ雪まつり」でお披露目。

写真拡大

日本の冬の一大イベント「第66回さっぽろ雪まつり」に、世界初のルーカス・フィルム公認“雪のスター・ウォーズ”大雪像が堂々完成し、2月4日、大雪像のモチーフともなった、ダース・ベイダーと3体のストームトルーパーらが会場に現れた。

高さ15メートル、幅22.6メ-トル、奥行き20メートルにも及ぶ、この超立体型雪像を製作するために要した雪は、史上最高の5トントラック700台分。1月7日の鍬入れ式から約1か月間、のべ2,000人もの人々が作業にあたり、大通り公園会場の雪像としては史上最大級の大きさとなる“雪のスター・ウォーズ”大雪像を完成させた。

気温マイナス3度の厳しい寒さの中で行われたオープニングセレモニーには、暗黒卿ダース・ベイダーとストームトルーパーがサプライズで登場。厳しい寒さにも関わらす、会場に集まった500人を超えるファンは、その姿を目にすると大歓声をあげてさらにヒートアップ。極寒の北の大地を熱くした。

全容が厚いベールに包まれている最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。ダース・ベイダーの出演についても様々な憶測が飛び交っているが、MCからの最新作の内容についての質問はスルーで交わし、また「新作に出演しているか?」について問われると、否定ともとれるポーズを見せ、MCを威嚇し会場をさらに盛り上げた。

そして、ダース・ベイダーが赤い光の刃、ライトセーバーを振り降ろすと、ライトアップされた“雪のスター・ウォーズ”大雪像がついにお披露目。雪像で表現されたストームトルーパー、戦闘機タイ・ファイター、要塞デス・スター、そして稀代の悪役、暗黒卿として全身黒ずくめがお馴染みのダース・ベイダーも迫力の真っ白い姿の巨大な雪像が公開されると、極寒の寒さを吹き飛ばすかのような大きな歓声があがった。

また、特別ゲストとして上田文雄札幌市長もお祝いに駆けつけ挨拶。「映画公開の記念となる年の一番最初のお披露目として、雪まつりを選んでいただきとても嬉しく思います。また、寒い中、1か月もの時間をかけて、この大雪像を作ってくれた関係者の方々に深く感謝致します。毎年200万人以上の方々が来て下さるこの『さっぽろ雪まつり』ですが、今年は『スター・ウォーズ』効果で250万人、いや、300万人以上の方々が来て下さる事を期待しています!」と熱く語った。

「さっぽろ雪まつり」は2月5日から11日まで。映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は2015年12月18日(金)全国ロードショー。