4日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、元サッカー日本代表の都並敏史氏がアギーレ監督の後任として元セレッソ大阪監督のレヴィー・クルピ氏を強く推す一幕があった。

サッカー日本代表のアギーレ監督の解任を受け、後任の監督について都並氏とスポーツ評論家の玉木正之氏は“日本人の監督を”と希望の声をあげた。

しかし、都並氏は現在の日本人指導者はクラブチームの監督をしており現実的には難しいとコメントした。

街の声では後任にザッケローニ監督という意見もあったが、都並氏は「俺はないな」とバッサリと切った。一方で玉木氏は「1回失敗しても2回目なら」と、岡田武史氏や安倍晋三首相を引き合いに出してコメントして笑いを誘った。

都並氏は日本で指揮を取って実績を残した人として元鹿島アントラーズ監督のズワルド・オリヴェイラ氏とセレッソ大阪監督のレヴィー・クルピ氏の名をあげた。

MCの恵俊彰の上手くいきますか?と訊ねると、都並氏は「その人たちが就けば上手くいく」と語ったが「持ってこれるかどうかが問題」と指摘した。そして、玉木氏も都並氏と同様にレヴィー・クルピ氏を推していることを明かした。

都並氏は恵にレヴィー・クルピ氏についてセレッソ大阪で香川真司選手を輩出した監督であり、日本のことをよく分かっていると説明した。

恵が「その辺、都並さんよろしくお願いしますよ〜」と都並氏の力でなんとしてほしいと冗談っぽく言うと、都並氏は「私は応援しますけど」とエールを贈った。

【関連記事】
加藤浩次がハビエル・アギーレ監督解任に持論 「選択肢として出てくるんじゃないか」
前園真聖氏が坂上忍からの“答えにくい質問”に困惑「ちょっと聞こえないです」
加藤浩次が「スッキリ!!」でザックJAPANのズレを指摘 「日本はポゼッションにずっとこだわっていた。ズレていた」