番号そのままでスマホ代が半分以上もお得に!? よく耳にする「格安スマホ」ってどうなの?

写真拡大

もはや生活必需品ともいえるほど普及したスマートフォン。ところで、毎月の通信費はいくらぐらいかかっているだろうか。とある調査によると、だいたいの平均は6500円前後とのこと。

まぁこんなものかとお思いかもしれないが、ちょっと待って! 年間にすると7万8000円。これだと意外と高額に感じないだろうか。もっとお得に使いたい、というのも本音で、それに越したことはないはずだ。最近では携帯電話キャリア各社もお得なプランをいろいろと提案中で、他のキャリアに変えようかなと思うのであれば、お得感の際立つ「格安スマホ」も選択肢に入れてみては?

そもそも格安スマホとはどういうものなのか



基本的に格安スマホというと、キャリアで売られているようなスマホよりスペックを落として2〜3万円台のスマホのことを言うが、ここで言う格安スマホは、スマホ本体が安いという意味ではない。スマホに入っている各携帯電話会社が発行しているSIMカードを挿しかえることによって通信費用を安くできるのだ。

「SIM」とは携帯電話で音声通話やデータ通信をする際に必要な端末ID。この情報が入った「SIMカード」と呼ばれるICカードが、スマートフォンもガラケーも、携帯電話1台ごとに搭載されている。しかし、各携帯キャリアとの契約を結んで携帯端末を買った場合、基本的にはその端末はそのキャリアのSIMカードでしか通信ができない、つまり「SIMロック」されている。

そんな中、最近では「SIMロック」がかかっていない「SIMフリースマホ」という端末が増えてきている。特定のキャリアだけでなく、各通信社から発売されているSIMカードを自由に使える端末のことだ。その「SIMフリースマホ」を買って、料金の安い会社で契約した「SIMカード」を挿すというのが「格安スマホ」の実態なのだ。

格安スマホは、どうお得になるのか


「格安スマホ」がどんなものかわかったら、次に大事なのは、やはり通信料。そこで「業界最安値」をうたうDMM mobileに注目した! その内容はというと……

・高速データ通信が最安の1GB660円〜!番号もそのまま使える!
・NTTドコモのLTE/3G網を使った、スピーディなネット環境
・格安スマホが欲しい人必見!スマホセットも業界最安!(※1)

最大のウリはやはり金額。既存の携帯電話各社に比べると基本料金に大きな差がある。さらにはデータ通信専用SIMを選べば、1GBたったの660円〜! 通話はLINEの無料通話を使えば、基本0円で済む。通信費を抑えたい人にはうってつけというわけだ。また、電話番号が欲しい人は通話付きSIMもある。MNP可能なので電話番号が変わる心配もない。

さらに通信回線はNTTドコモのLTE/3G網を使うので、その品質はお墨付き!
しかもDMM mobileはドコモ回線を利用していることから、ドコモのスマホであれば、SIMロックがかかっているものでもSIMの差し替えのみで利用できるのだ!
他社のキャリアを使っている場合は、DMM mobileのスマホセットへの買い替えがおススメ!人気の機種がSIMとセットで業界最安の1603円〜(※2)だから見逃せない!

これまでのスマホの平均利用金額が6500円。これに比べると、基本料金などがないため、約80%以上もお得に使える! というわけだ。スマートフォンの料金プランを見直したい人は、「DMM mobile」をぜひ検討してみては??


※1 通信速度150Mbps以上のプランで最安値(2015/1/6時点 ITmedia Mobile SIM LABO調べ)
※2 1GBのデータSIMプラン+Asevnd G6 24回分割払いの場合。(2015年1月16日時点 DMM mobile調べ)

[PR企画]


■関連リンク
DMM mobile