20代の女子はどれくらい貯めてるの? 現在の貯蓄額を大発表!

写真拡大

コツコツ毎月貯金しているけれど、思うように貯まってる? 一体みんなはいくらぐらい貯金を持っているの? 働く女子に気になる貯金総額と何の為にためているのか聞いてみました!

Q.現在の貯蓄額を教えてください。

100万円未満……25.6%
100万円以上〜200万円未満……20.8%
200万円以上〜300万円未満……11.2%
300万円以上〜400万円未満……11.2%
400万円以上〜500万円未満……6.4%
500万円以上〜600万円未満……6.4%
600万円以上〜700万円未満……2.4%
700万円以上〜800万円未満……3.2%
800万円以上〜900万円未満……4.0%
900万円以上〜1,000万円未満……0.8%
1,000万円以上……8.0%

約半数の人が200万円未満と答える一方で、1,000万円以上貯金している人が8%も。続いて、貯蓄額と目的を詳しく聞いてみました。

■「200万円未満」

・「100万円。結婚や将来のため、また旅行や趣味費のため」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「60万円。結婚資金&転職等何かあったときに困らないための資金」(23歳/金融・証券/営業職)

・「100万円。目的はない。友人のお祝い事やほしいものができたとき、旅行に行くときに引き出して使っている」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

結婚や転職、旅行など働く女子は考えることがたくさん! まずは100万円を目標にためている人が多いようです。

■「200万円以上〜400万円未満」

・「200万円。いざなにか新しいことを始めたくなったときのため」(25歳/通信/営業職)

・「300万円。将来、年金をもらえるか分からないのでためておきます」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「350万円。結婚資金と老後資金」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

何かと不安の多い世の中。20代から老後のことを意識して貯金する人が多いみたいです。

■「400万円以上〜600万円未満」

・「460万円。結婚後の生活。子どもができたら、お金がかかるから」(26歳/商社・卸/営業職)

・「400万円。将来、結婚して子ぢにが出来たらお金が必要になると思うから」(27歳/医療・福祉/技術職)

・「400万円。将来の結婚のためにためている。結婚費用が300万くらいは必要だと思うし、その後の費用もいることが多いと思うから」(26歳/金融・証券/専門職)

近い将来の結婚や結婚後の生活までを意識して、しっかりためている人が多く見られました。

■「600万円以上〜800万円未満」

・「650万円。老後1人でも生きていけるためと、万が一のときに備えて」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「700万円。将来の結婚へ。結婚できなかった場合、専門学校にいくお金」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

・「600万円。特に目的はないが、1,000万円はとりあえずためたいと思っている」(28歳/情報・IT/技術職)

働く20代の女子は結婚だけでなく転職なども視野に入れています。いざというときにもあせらないよう堅実にコツコツと。

■「800万円以上〜1,000万円未満」

・「800万円。目標はないが、年に100万円を目標としている」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「800万円。将来のため。結婚資金」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「850万円。何かあったときのために」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

特にためる意識はせずいつの間にか貯まってといた! といううらやましい声も……。

■「1,000万円以上」

・「1,100万円。将来戸建て住宅がほしいため。目標は4,000万円」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「1,200万円。結婚費用とマンション購入費用」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「1,500万円。老後の資金と、海外旅行!!」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

1,000万円以上ためている人は住宅購入を視野に入れている人が多数!

仕事に就いて年数も浅いと思われる20代ですが、以外とみんなきちんとためている! 結婚、転職など大きなイベントを意識している人が多かったです。貯金は多くあっても困りませんから、この調子でためていけば老後も安心ですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数125件(22歳〜29歳、未婚の働く女性)