八百長疑惑に言及する昌子「絶対にやっていないと思えるくらい熱い監督」

写真拡大

 3日に行われた「Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ」で鹿島アントラーズがアビスパ福岡を2−0で破り、大分トリニータとの初戦に続く連勝で宮崎ラウンド優勝を決めた。

 AFCアジアカップ2015から帰国し、チームに合流した鹿島のDF昌子源は、センターバックでフル出場して優勝に貢献。試合後、日本代表を率いたハビエル・アギーレ氏の契約解除について思いを明らかにした。

「正直、初めて聞いた時はショックで、すごく残念な気持ちになりました。サッカーにすごく熱い方でしたし、いろいろと八百長のことが言われていましたけど、自分としては絶対にそれはしてないと思えるくらい熱い監督でした。選手一人ひとりのことを見て、僕のことも高く評価してくださっていたので、もっと一緒に仕事がしたかったという気持ちはあります」

「初めて代表に選んでもらった監督なので、アギーレ監督に教えてもらったことを生かしながら、ずっと日本代表に選んでもらえるように頑張ります。次、誰が監督になるかは分からないですけど、ACLでいいところを見せることが代表にもつながると思うので、しっかりアピールできるように頑張っていきたいです」

文=青山知雄