職場ストレスからの未来型・避難場所「Orrb」

写真拡大

ディズニーが、マクラーレンが注目する「集中のための部屋」、Orrbs。いままで、息苦しい職場に閉じ込められたと感じたことがある方には、この、2015年4月、一般向けに発売予定のなめらかなデザインのポッドで一息つけるかもしれない。

英国のプロダクトデザイナーで、Orrb Technologies社を立ち上げたリー・マコーマック。彼が開発した「Orrb」は、オフィスワーカーから軍人までの使用に適した「ウェルネスと学習のためのポッド」だ。

「職場ストレスからの未来型・避難場所「Orrb」」の写真・リンク付きの記事はこちら

「このポッドは、使用者がリラックスし活力を充電し、自己開発に取り組める“聖域”を提供するものです」とマコーマック氏は語った。

高さ170cm、全長200cm、幅100cmのOrrbに特徴的なのは、「Orrb X サブスクリプション・サーヴィス」が付属することだ。Orrb1基につき、最大50名の従業員・ユーザーに、ユーザーごとに個別アカウントを設定できるカードが発行される。

Orrbに入ったユーザーは、精神の集中を誘導するよう設計された「セッション」(5分、10分または15分間に設定されている)が用意されている。

また、別メニューの「ウェルネス・セッション」では自分のデータをアップロードでき、個別にパーソナライズされた学習パッケージを体験できる。セッションでは、モニター上のヴィジュアルとサウンドで呼吸法が表示され、ユーザーが作業への集中を取り戻すのに役立つ瞑想のヒントを得ることができるのだ。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN orrb22

2/3

orrb33

3/3

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN orb11

orrb22

orrb33

「人はリラックスしていないと、目の前の物事に集中するのが困難なものです」とマコーマック氏は説明する。

日本とインドで過ごしたときにインスピレーションを得たマコーマック氏は、ゴールドスミス・カレッジでソーシャルデザインを学んでいた90年代からOrrbの開発を進めてきた。「その当時は、まだ(こうしたデヴァイスは)先駆的すぎました」と彼は言う。

開発の期間、マコーマック氏は、オフィスの間取りが閉鎖的なものから開放的なものに変遷してきたさまを見てきた。「社内コミュニケーションは活性化されると予測しましたが、同時にプライヴェートな空間がなくては、人は注意力が散漫になってしまうこともわかっていました」と彼は言う。

関連記事:起きているときも集中力向上:睡眠改善アプリ「Sleepio」

Orrbはまだ広く知られているわけではないが、もうすでにファンがいる。ディズニーは、2008年に25基のポッドを購入し、SF映画「銀河ヒッチハイク ガイド」に登場させている。また、マコーマック氏はマクラーレンとの技術提携にも取り組んでおり、このポッドがルイス・ハミルトンやデーモン・ヒルのようなF1ドライヴァーのリラクゼーションと集中を手助けすることになるかもしれない。

市場を見れば、「Fitbit」のような健康向けデヴァイスが話題を集めている。マコーマック氏はそれに倣い、Orrbsのグローバルネットワークを構築しようとしている。

「従業員の福利厚生を企業が真剣に捉えるべきだということが、いまようやく認識されようとしています」と彼は言う。「有名企業のCEOらもようやく、瞑想などのプログラムをいかに取り入れるかについて語り始めました。これは5年前には考えらなかったことです」。

現在Orrbsは、ワシントンのWalter Reed Army Medical Centerで進行中の、兵士の心的外傷後ストレス(PTSD)からの回復を支援するプログラムでも使用されている。

さらにマコーマック氏は、Orrbが企業で使用されるとともに、医療分野にも広げようとしている。

関連記事:『エクスタシー』で兵士のPTSDを治療

TAG

HealthHealthcareMental HealthOfficePTSDWIRED UK