霧の中での練習ラウンド「どれだけコースを知っているか試される」(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 事前情報◇3日◇トリーパインズGC サウスコース(7,569ヤード・パー72)>
 カリフォルニア州にあるトリーパインズGCで開幕する、米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」。この日のトリ―パインズは朝から30メートル先の視界も危ういほどの濃霧が立ち込めた。7時にコース入りした石川遼は7時半から予選ラウンド初日と決勝ラウンドで使用するサウスコースを練習ラウンド。ハーフターン後には霧は晴れたものの、フロント9はまったく視界のきかない中でのプレーを強いられた。
石川遼は2週連続予選落ち「雰囲気がなかった」
 それでも石川は「どれだけコースを知っているかが試される」と3シーズン目の経験をフル活用してコースをチェック。濃霧の中に打ち出したボールを狙い通りの位置に運んで見せるなど対応力の高さを見せた。しかし、深い霧の中後続組から打ちこまれて石川の近くに着弾するケースもあり、危険をはらみながらの練習ラウンドとなった。
 この日は太いグリップをさしたパターをクロスハンドで打つなど、パッティングを重点的にチェック。昨年は7位タイに入った今大会。2週連続予選落ちのフラストレーションを濃霧と共に晴らすことができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>