現金給与総額が17年ぶりの高水準に 一般労働者の賃上げ進む

ざっくり言うと

  • 厚生労働省が4日、平成26年の毎月勤労統計調査を発表した
  • 1人当たりの現金給与総額は、月平均で前年比0.8%増の31万6694円に
  • 円安の進展で輸出企業を中心に業績が回復し、一般労働者の賃上げが進んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング