ベスト8で敗れ去ったアジアカップから、日本サッカーの何が見えるのか――。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 いま私はオーストラリアからの帰路、立ち寄ったマレーシアを旅しながら、日本がベスト8に終わったアジアカップを振り返っている。
 
 私はアジアカップを決勝まで観戦した。日本の報道陣の大半は日本が負けた途端、帰国してしまい、残留した私もあまりやることがないまま、恐ろしく物価が高いシドニーで日々を過ごす羽目になった。
 
 だが、それでも決勝まで見届けてよかったと思っている。
 オーストラリアが韓国を倒した120分の戦いは掛け値なしの名勝負であり、日本サッカー界に足りないものを思い起こさせてくれたからだ。
 
 決勝では、至るところで激しい肉弾戦が繰り広げられた。過密スケジュールの中、すでに5試合を戦い抜いてきた男たちが、全身青あざだらけになるような戦いをしている。
 腰の引けたプレーはなく、多少の接触、衝突で声を荒げるような選手もいない。技術があっても戦えない選手は、ピッチに立つ資格がない。そうだれもが肚を括って戦う様は清々しいものがあった。
 
 サッカーは戦いだ――。
 オーストラリアと韓国の名勝負は、そのことを改めて教えてくれた。
 
 ファイナリストの2か国、さらに躍進を印象づけた中国と比べると、日本は戦うチームではなかった。良くも悪くも技術と組織力で勝負する。
 
 だが、日本が力を発揮できる条件は限られていた。
 ベストメンバーが揃うこと。
 コンディションが万全であること。
 このふたつが満たされたイラク戦、ヨルダン戦の日本は、安定した強さを感じさせた。
 
 だが、過密日程と酷暑が襲い掛かるアジアカップは、砂埃が舞う悪路を走り続けるようなもの。4試合目にして日本はタイヤが摩耗し、ガス欠を起こした。恵まれた環境では盤石だったチームは、過酷な消耗戦になると呆気なく崩れていった。
 
 前述したように、日本はテクニックで勝負する。
 だが、日本のハイレベルな技術を象徴する香川は、肝心な場面でPKを外した。しっかりとボールの芯を捉えられず、左ポストにぶつけた。肉体的に消耗し、精神的なプレッシャーがかかった中で発揮できないテクニックは、本物のテクニックではないだろう。
 
 このアジアカップで、もっとも印象に残ったのは韓国のキ・ソンヨンだった。背筋をピンと伸ばし、中盤の底から左右に正確なパスを通すスタイルはエレガントで、勝負どころになると強引に前線に飛び出し、シュートを放った。
 決勝でも後半、目の前の敵を切れ味鋭いドリブルで抜き去り、絶妙なラストパスを繰り出す場面があった。肉体的にも精神的にも限界に近い場面で堂々とリスクを背負い、究極のテクニックを発揮する。それだけのスケールの持ち主が、いまの日本にいるだろうか。
 
 過密日程に酷暑が加わるアジアカップは、砂埃が舞う悪路を走るようなもの。上手いといわれる日本のテクニックは、それを乗り越えられるものではなかった。
 
 準々決勝のUAE戦では35本ものシュートを放ちながら、1点しか決められなかった。それは「テクニックのあるチーム」では、ちょっと考えられない現象だった。
 
 サッカーとはどういうものか。そして勝負を決めるテクニックとはどういうものか。
 
 敗れたいまこそ、私たちは真摯に考えなければならないだろう。
 
取材・文:熊崎敬