3コーチも契約解除へ…アギーレ監督「とても幸せでした」

写真拡大

 日本サッカー協会は3日、日本代表のハビエル・アギーレ監督との契約解除を発表した。また、スチュアート・ゲリングコーチ、ファン・イリバレンフィジカルコーチ、リカルド・ロペスGKコーチについても解除する方針であることを明らかにした。

 アギーレ監督は協会を通じてコメントを発表。「日本で仕事ができたことはとても幸せでした。日本のサポーターの皆様の応援に感謝しています。日本代表チームの将来に幸運を祈っています」とのメッセージをファン・サポーターに送っている。

 この日午後2時、アギーレ監督に直接、契約解除を伝えた大仁邦彌会長は「『やむを得ない』『分かりました』ということだった」と説明。また、アギーレ監督がアジア杯を終えてオーストラリアから再来日し、大仁会長に報告を行った際、「もし(告発が)受理されたら非常に厳しい状況になることは理解してほしいということは伝えていた」とも明かした。

(取材・文 西山紘平)