fhána

写真拡大

佐藤純一さん、yuxuki wagaさん、kevin mitsunagaさんという3名のサウンドクリエイターに、女性ボーカリストのtowanaさんを加えた4人組ユニットのfhána

2013年夏にアニメ『有頂天家族』のEDテーマ「ケセラセラ」で鮮烈なメジャーデビューを飾って以来、5クール連続でテレビアニメの主題歌を担当している。

また、iTunesの「NEW ARTIST 2014」にも選出されるなど、シーン問わず各界から注目を集めているfhánaは、2015年を迎え、一つの節目として2月4日(水)に1stアルバム『Outside of Melancholy』をリリースする。

fhána「Outside of Melancholy 〜憂鬱の向こう側〜」MUSIC VIDEO




また、初アルバムに加えて、5月17日(日)の東京公演を皮切りに初のワンマンライブツアーの開催も発表され、今年も勢いそのままに突き進んでいる。

音楽ユニットである彼らだが、常にその活動自体が1篇の物語であるかのような──観るもの聴くものを惹き付ける作品をリリースしてきている。

今回、結成に至るまでの音楽活動、そこから見えるアルバムの全体像、さらに、インターネットが普及した社会で変わらなかったものを通して、fhánaという物語が何をしようとしているのかについて迫った。
取材・構成:織田上総介

音楽をより生の体験に


reIMG_2851

左からkevinさん、佐藤さん、towanaさん、yuxukiさん


──2011年にfhánaが結成されて今年で4年目を迎えてのメジャー初アルバムリリースとなりますが、4年間を振り返って、変化した部分はありますか?

kevin お互いの好みやつくる音楽の特徴・特性がコミュニケーションを取らなくてもよくわかるようになりました。

yuxuki さすがに4年も経つとね、曲づくりにしろ何にしろ、スムーズになってきますね。

やっていることのベースはそんなに変わってないけど、単純にスキルが上がって、できることも増えたし、自分がやりたいことをfhánaでより表現できるようになりました。

kevin あと、デビュー前と後で、立たせてもらえるステージの規模が違ってきているので、僕たち自身、見られる側としての意識が変わっていってますね。

yuxuki 去年の夏に、ランティス祭りやアニサマ(Animelo Summer Live)で3万人弱の人を前にしてパフォーマンスをしたのがやっぱり大きくて。

もちろん、CDの中だけで完成されたものは素晴らしいのですが、音楽が気軽に聴ける……捉えようによってはインスタントなものとなった今の時代において、音楽の魅力をより感じてもらうために、ライブなどの生の体験を楽しんでもらいたいという気持ちを大事にするようになりました。

自分が表現したい世界観を、ファンやスタッフと一緒につくること


佐藤 僕は、4年も経ったことが信じられないですね(笑)。それは新鮮さが失われていないというのもありますし、もしかしたら、結成時からのアティチュードを失わずに成長して行けているからかもしれません。とはいえ、以前と比べてより高い目線から物事を見られるようになった気はします。

もともと僕は、音楽をつくりたいだけではなく、音楽も含めた全体的な世界観を構築し、自分でプロデュースしていくのが楽しかったんです。

でも、メジャーデビューして大きな組織の中で音楽をつくるようになると、単に自分たちがやりたいようにやるだけでは成立しなくなります。たとえばアニメ主題歌だったら作品や関わる人の要望に合わせてつくるし、ライブにしても、お客さんに適した見せ方でパフォーマンスをする必要があります。

自分たちの好きにやっていた自主制作期間があり、デビューしてから1年半かけて周りの気持ちを汲んで合わせてやることを経験したことで、いかにして自分の表現したい世界観を、お客さんやスタッフふくめて巻き込みながらつくっていけるのか、という目線に変わっていったと思います。

towana 私がfhánaに関わりだしたのは2012年が明けてからで、最初はゲストボーカルでということだったので、ここまで一緒にやらせてもらうことになるとは思っていませんでした。

メジャーデビューも私の中では全くの想定外で、急にチャンスが来て、あれよあれよという間にシングルが出て。正直、ついて行くのに必死で、ちゃんと心の準備ができないまますごいステージに連れてきてもらった感覚があります。

それでも、少しずつ聴いてくださる方が増えてきたり、ライブに出させてもらうようになって、やっと、何となく自分がステージ上で存在感を持つ必要性に気付いて、そこからすごく変わりました。

何をやっても飽きてしまう自分が唯一続けることのできた音楽


reIMG_2895


──PCゲーム好きとして話がつながっていったfhána結成秘話は前回うかがいましたが、改めて、結成前のみなさんの音楽活動についてうかがえますか?

関連記事


「インターネット3世代」が見せる、アニメと音楽の新たな境地とは? fhanaインタビュー

yuxuki 僕は中学時代にコピーバンドでギターを始めたのが音楽的なスタートで、同時期にMIDIで曲がつくれることを知り、家のPCでいろいろ曲をつくって遊んでいましたね。高校では初めてのオリジナルバンドを始めて、大学生になってからは別のオリジナルバンドをtowanaと組んでいました。

そのころ初音ミク発売のニュースを知り、ボカロを使って曲をつくり始めました。佐藤さんやkevinくん含め、それがきっかけでいろんな人と出会うことができました。

僕は、ずっと続けてこられたものが音楽だけで……。他のことをやっても、音楽のことを考えてしまうんです。一度、音楽制作と並行して、大学卒業後に会社に入ってみたりしたのですが、すぐに辞めちゃったし。だから今こうやって音楽に集中できる環境にいるのが嬉しいです。

towana 私は、音楽の経歴といっても、ピアノを小さい頃からやっていたくらいのものでした。カラオケも好きだったけど、yuxukiくんとバンドを始めてから、人前に出て歌う楽しさを知るようになりました。

yuxuki 友達が「良いボーカルを知っている」と言って連れてきたのがtowanaだったんですね。towanaからは椎名林檎さんとかJUDY AND MARYさんが好きと聞いていたんですが、当時一緒にやっていたバンドはポストロックやシューゲイザーをベースとしたオルタナティブなバンドだったので、本当についてきてくれて良かったなと(笑)。

towana コード進行だけを決めて、それをスタジオで延々と繰り返してセッションして、その中で私もその場でメロディーをつくって合わせて、歌詞を書くっていうつくり方をしていたんですよ。

yuxuki そう、自分のパートは自分でやってくれというスタイルだった。

towana そこで得た経験はfhánaに活かされてます。というか、鍛えられました(笑)。

映画監督になりたかった


kevin 僕も中学からバンドを組んでて、腐れ縁的な感じで仲の良い男友達がいて、バンドやメンバーが変わりつつも、そいつとは大学までコアメンバーとしてずっと一緒だったんですね。僕がいまソロで活動しているLeggysaladという名義も、もともとはその友達と一緒にやっていたユニットです。 

ずっとバンド畑の人間だったんですが、高校生の終わりくらいに、くるりやコーネリアスの影響で「サンプリング音楽ってめちゃめちゃカッコいい」と思って、電子音楽に目覚めました。

それで、自分で音をつくってHP上で公開したりしてるうちに、Web上に無料で音源を公開するネットレーベルというムーブメントが起き始めて、そういうカルチャーに吸い寄せられながら気ままにやっていたら、佐藤さんやyuxukiさんに出会ったんです。

──佐藤さんは、fhánaを結成するまでどういった活動をされていたのですか?

佐藤 僕は小さい頃、映画監督になりたかったんですよね。子供の頃から物語や映像や音楽など全体をひっくるめた世界観みたいなものがつくりたいと思っていて。映画監督が正確にどういう役割を担っているのかわかっていなかったんですが、とりあえず監督になれば作品をつくれるだろうと。

音楽については、小学生の頃に、カシオトーンっていうサンプリング機能のついた玩具のキーボードを買ってもらって、ドラクエとかゲームの曲を耳コピしながら遊んでいました。

いろいろ興味が向く中で、絵を描くのが大好きだったし、ゲームも好きだったので、中学の時は漫画家やゲームデザイナーになりたかった。でも、3年の時に突然YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)やフリッパーズ・ギターにハマって「バンドカッコいい」と思って、急に音楽路線へ変わっていきました。

音楽路線に変わりつつも、美術大学に入るんですが、大学4年の頃組んでいた女の子ボーカルのユニットで、デモCDをメジャーからインディーズまで、大量のレコード会社各社に送ったところ、すぐにほぼ全部からリアクションが来て……21歳の時にそんな状況になったので「自分は天才なんじゃないか」ってすごく浮かれてました(笑)。ただ、とあるレコード会社の育成部門に入って事務所も決まりデビューに向けて準備を始めたものの、そのバンドはデビューしないで空中分解するんです。

──理由はなんだったんですか?

佐藤 みんな美大生で、何か表現したいという気持ちはあったけど、それが急に仕事としてやらなくちゃいけなくなった時に、心がバラバラになっちゃったんですよね。

それで、新しい女性ボーカルを探したんですが、いい人が見つからなかったので、しょうがなく僕が自分でボーカルを務めてFLEETという3人組のユニットを結成したんです。ちょうどインターネットが盛り上がり始めた時代で、当時はまだニコニコ動画もYoutubeもなかったけど、自分のHPに曲をアップしたことがきっかけで、FLEETもランティスさんからメジャーデビューすることになりました。

その後レコード会社を移籍したりしつつ、最後のアルバムが完成したときには他の2人は脱退して、僕のソロユニットになっていました。そんなタイミングでyuxukiくんとkevinくんに出会ったというわけです。

分離していたfhánaの世界観を統合した『Outside of Melancholy』


ref_Outside_syokaiJK

『Outside of Melancholy』初回盤ジャケット


──fhánaは物語性の強い楽曲やパッケージを貫かれているという印象ですが、今回初のフルアルバムとして、ストーリー設計は意識されましたか?

佐藤 「Outside of Melancholy」というタイトルは初めから決めていて、憂鬱をキーワードにしようと思っていました。人それぞれ必ず何かしらの憂鬱さを抱えているけど、その外側、向こう側へ行こう……という希望を込められればと。

もともとゲームやアニメにある“ループもの”の世界観がすごく好きで、デビュー前のfhánaは特にそのコンセプトを強く打ち出していました。

kevin 僕らには、『CLANNAD』というゲームが好きで意気投合し結成したという経緯があります。いくつも選択肢があり、色々な世界線をループしながらより良いエンディングに辿り着くという、PCゲーム・ノベルゲームのような世界観をコンセプトにした自主制作盤にもそれが強く表れていました。

佐藤 しかし、デビューしてからは、アニメのタイアップではやはりアニメ作品の世界観や物語に寄せて曲をつくるため、デビュー前と後で意識的に分離していたんです。

ただ、そこの分離に物足りなさを感じてもいて、平行世界的なコンセプト、ノベルゲーム的な世界観をもう一度、このアルバムを通して表現したいと思って、Melancholy(憂鬱)というキーワードとノベルゲーム的な世界観という二つの軸で行こうということになったんです。“最初は”。

──「最初は」というと、途中で何か変化があったのですか?

佐藤 表題曲でもある1曲目の歌詞は「幾千回ものループを繰り返し今ここに 辿り着いた『この僕』」で始まるのですが、この歌詞が上がってきたときに、「デビュー後にfhánaが担当させていただいてきたアニメの物語というのも、言わばfhánaという大きな物語の中の世界線・可能性の一つなのではないか」という全体像が見えたんです。

今まではデビュー前の楽曲群とデビュー後の楽曲たちがバラバラで存在していたのが、このアルバムによって初めて全てが統合されて、fhánaというユニットのアイデンティティを自分たちで発見できたアルバムだったと気付いたということです。

世界は主観で回り始めている


fhana_SUB1_p-2077c


──今回、佐藤さんが書かれているアルバムの「序文」や、これまでにfhánaの歌詞を手がけられている林英樹さんが書かれている「終文」を最初に読んだ時、何を感じましたか?

「哲学は消えた」と、ある人は言った。
人々の心は、離れ離れになった。

だけど僕たちは、本当はそんなに変わらない。昔の人も、今の人も、外国の人も。
心の奥は変わらないけれど、僕たちの言葉は、誰かの心に届かなくなってしまった。

そんな世界で、僕は君に出会った。
(序:Text by 佐藤純一)


kevin 1曲目と最後の「white light」も対になっていて、この序文・終文を合わせて読むとわかるんですが、そこにあるのは、やっぱりfhánaがデビュー前からやっていた自主制作盤と同じコンセプトなんですよ。

僕らが持っている世界観が、自然と収束していった感覚があります。

rereIMG_2787

yuxuki ある種映画のようなシナリオ性を感じて、それがアレンジにも反映されたりしました。最初の「哲学が消えた」という言葉は、佐藤さんが初めてボカロでつくったFLEET「Cipher(サイファ)」という曲の引用です。僕が初めて佐藤さんの作品に関わらせていただいた楽曲だったので、kevinと同じく、出会った頃への収束感があって、エモーショナルな感じでした。

──例えば、ここにある「僕」と「君」を、fhánaとファンに置き換えてみたとして、本当に価値観が多様化して趣味も細分化して、みんながバラバラな方を向いている現代で、音楽で“その人”と出会うためには何がきっかけになると思いますか?

佐藤 偶然と想いの力じゃないですかね。偶然を引き寄せるのも自分の意思で、何かを想い、行動しているからこそつながっていく。

つながれる規模は運などに左右されるけど、まず最初に意思が介在しなければ何も起こらない。月並みに聞こえるかもしれませんが、自意識というか、自分の主観が大事だと思うんです。

この“主観”は大事なキーワードで、実は、アルバムで表現したかったものって、言ってみれば「セカイ系」だと思うんです。

──たぶんもう音楽から完全に離れつつあるので説明すると、2000年代前半に、サブカルチャーを論じる上で用いられた物語のジャンルですよね。

佐藤 乱暴に言うと、「セカイ系」というのは主観的な世界の認識で、自分の自意識が世界の命運と直結してしまうというもの。これは知ってる人にはお馴染みのテンプレ説明文ですが…例えば、主人公とヒロインとの個人的な関係性が、国家や社会とかっていう中間のレイヤーをすっ飛ばして、世界の危機とかにつなげて描かれる作品群のことです。

──ただ、「セカイ系」は2010年代に入ってほとんど廃れたと言われていますよね?

佐藤 物語ジャンルとしても廃れたし、社会的にも、インターネットが普及してからの世界というのは、言ってみれば主観よりも客観性を重視され、相対的な視点で自分と世界を捉えることが良しとされた、リテラシーが求められる世界でした。それは「セカイ系」とは対極です。

でも今、一周回って、世の中全体が主観の世界に戻ってきているんじゃないかなと思うんです。というか、そもそも人は「主観」を通してでしか世界を認識することが出来ないし、実はもともとずっとそうだったんじゃないかと。

──主観の世界とはどういう意味ですか?

佐藤 ネットを通して検索して、一方通行の情報だけでなく、同じ1つの物事に対しても様々な価値観や立場の情報を得ることが出来ると言いますが、今はパソコンでブラウザを立ち上げて検索するよりも、スマホが主流になってニュースアプリやSNSから流れてくる情報を得る時代です。つまり各々が自分の「主観」によってフィルタリングされた情報を摂取している。

インターネットをやっているからリテラシーが高く、客観的な価値観とか知識が育成されるのかというと、全然そんなことはなかった。インターネットの良いところ、ユートピアとして語られてきた部分が、実は「単なる理想論だった」ということがわかり始めている。そういう意味で、人の意識は、ネットが普及する前と変わらなかった。それが、今再び「セカイ系」に戻っているように感じる理由です。

世界観と時代性との符牒


ref_Outside_tujyoJK

『Outside of Melancholy』通常盤ジャケット


佐藤 僕が思春期を過ごした90年代的な価値観というか世界の認識みたいなものと、インターネット時代以降の現状が近くなってきているような気がして。結果的にアルバムも、僕の好みと時代の流れの帰結として「セカイ系」になっています。

音楽的にも当時のオルタナティブロックや渋谷系やJ-POPのような、90年代音楽カルチャーが散りばめられています。

──今、あらゆるジャンルで80年代・90年代リバイバルが指摘されていますが、それも意識されていたのですか?

佐藤 回顧しているわけではなく、僕にとっては90年代というのはリアルタイムだったので、自然に自分が影響を受けたものを出しているんですよね。

ただ、今の若い世代の子たちは、むしろ90年代の音楽が新鮮に感じて引用しているんじゃないかと思っていて、そういう下の世代の流れと自分の出す音楽が、このアルバムのタイミングで偶然一致したのかなと。

kevin 偶然性みたいなものは僕たちも感じてて、このアルバムは、今話していたようなコンセプトが最初からバシっと決まっていたわけじゃないんです。あくまでつくりながら、僕らも気付いていったというか。

つくっていた時点では、目の前のことをコツコツやっていただけで、個人的にはアルバム全体のコンセプトについてさほど意識していませんでした。だから、コンセプトを再現するように曲をつくっていったわけではないけれど、パズルのピースが埋まっていくように、それぞれの曲がきちんと関連していることが後からわかっていき、「つくっていったものが出来上がった時に、ちゃんと筋が通っていることに改めて気づいた」というのが一番正しい表現な気がします。

reIMG_2831



towana ただ、歌を録り始める前に、佐藤さんから「このアルバムはfhánaにとってこういうものだったんだ」というアツいメールが来たんですね。それは、言い方は違いますが、今佐藤さんが話していたことと同じようにも思います。

私たちの世界観として提示したこのアルバムですが、今の話を聞いていても、「セカイ系」とか「ループもの」とか言われても、馴染みのない方はもしかしたらパッとはわからないかもしれない。ただ、そういう人にも伝わればいいという願いを込めて、私は歌いました。

この世界線を肯定すること


──最後まで抽象的な質問になりますが、デビュー前後で分断されていた世界がアルバムによって一つにまとまったことで、見えてきたその先の世界はどのようなものでしたか?

佐藤 ループもののゲームって、選択肢を選んで進んでいくことでエンディングが変わるのが特徴ですよね。

エンディングを迎えて、もう一度最初からやって別の選択肢で別のエンディングを迎えて……これはゲームとかSFとかアニメだけの話ではなく、現実の世界とも変わらないと思います。

──どういう意味ですか?

rereIMG_2823

佐藤 みんな、自分も含めて生きていく上でいろんな選択をしていて、人生に関わる選択もあれば、「今日何食べよう」とか日々のささやかな選択もある。その積み重ねで、偶然も含めて、今の自分とそれを取り巻く世界があるんだと思います。

ということは、もし別の選択をしていたら別の自分があり得たわけで、つまり、ここではない別の平行世界がいくらでもあり得たと言えます。

それでも、今ここにいる自分は、その時々の選択の結果として「こうでしかあり得なかった自分」なわけで、そこに対して「本当は違う自分が良かった」とか「あの時こうしていたら…」とか憂鬱さを抱えて否定するのではなく、偶然を含めた選択を積み重ねて至っている今の自分という奇跡的な存在を、僕は肯定したいと思うんです。

さっき、メンバーそれぞれの音楽遍歴も出ましたが、誰かの選択が一つでも違っていたら、僕らは出会っていなかったかもしれない。

──さまざまな選択肢の中から選んだこの世界は、かけがえのないものだと。

佐藤 今回のアルバムの歌詞も音楽も、いろいろな自分があり得た中で、今の「この僕」を君が見つけてくれた、だからこそそれは取り替え不可能なものなんだと、自分と自分を取り巻く世界を肯定しています。

それって、今の日常を奇跡だと感じるということです。それはかけがえのないものだし、それこそが憂鬱の向こう側なんじゃないかなと。

聴いてくれている人や自分自身も含め、今ある世界そのものを肯定したいというメッセージがこのアルバムには込められています。そういう想いで聴いていただければ嬉しいですね。