加茂周氏やオシム氏など短期間で代表監督を退いた指揮官たち

ざっくり言うと

  • 日本代表監督を短期間で退いた指揮官たちを振り返っている
  • 94年に就任したファルカン氏は、同年のアジア大会に敗れて解任された
  • オシム氏は2006年7月に就任したが、翌年11月に脳梗塞に倒れ、退任

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング