日本サッカー協会は2月3日、日本代表のハビエル・アギーレ監督との契約を解除することを発表した。
 
 会見には、大仁邦彌会長、三好豊法務委員長が出席。冒頭、大仁会長がアギーレ監督と契約解除の結論に至ったことを報告した。
 
 日本協会は2月2日夜に、アギーレ監督の代理人弁護士より、スペインのバレンシア予審裁判所がアギーレ監督の八百長疑惑に関する検察側の告発を受理したという事実を確認した。その結果を受け、3日、日本協会は今後の方針を協議し、アギーレ監督との契約を解除する結論に至ったという。
 
 日本代表は3月にキリンチャレンジカップ、JALチャレンジカップの2試合を戦い、その後、6月から始まるワールドカップ・アジア予選に臨む。文書では「技術委員会を中心に、新監督及びコーチングスタッフの選任に全力を尽くす」とのコメントが出されている。