シルク・ドゥ・ソレイユも支える極限仕様パソコン「Getac V110」

写真拡大

超タフなコンヴァーチブルPC「Getac V110」。警察や軍などだけでなく、有名サーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」の舞台裏でも利用されている。

「シルク・ドゥ・ソレイユも支える極限仕様パソコン「Getac V110」」の写真・リンク付きの記事はこちら

「頑丈」な製品というのは、単に事前のストレステストに耐えられればいいわけではない。動作するほうが不思議な環境でも動作しなければならないのだ。これをまさに実現しているのが、ほとんど壊れることのない超頑丈設計のコンヴァーチブルPC「Getac V110」だ。

台湾のGetac Technology社が発売しているV110は、過酷な状況に耐えられる数々の機能を備えている。そのうえ、先代の製品に比べてパフォーマンスと機能も向上しており、極限に近い労働環境で働くすべての人にとって必携の製品となっている。

本体はマグネシウム合金製で、衝撃吸収ポリマーと強化ゴムを使用しているため、強い衝撃や落下からも保護される。ポートやモジュールはヒンジカヴァーですべてふさがれているため、液体をこぼしても壊れることはない。キーボードも、完全防水の薄膜で保護されている。

さらに、バッテリーは2個搭載されており、どちらか一方のバッテリーを、シャットダウンせずに交換できる。充電器がすぐに使える環境であれば、電源コードなしでエンドレスに使い続けることが可能だ。

重さはわずか2.0kgで、こうした頑丈な設計のノートPCの多くが3〜4.5kgであることを考えれば比較的軽い。

Getac社の製品は米国内外で使われており、警察、消防、軍、野生保護、森林管理など、さまざまなクライアントに利用されている。だが、一見したところもっと穏やかな場所でも、V110は使われている。

サーカス団の「シルク・ドゥ・ソレイユ」で技術担当責任者を務めるデイヴィッド・グレートレックスは、『KURIOS』と呼ばれる移動公演の中枢機能としてV110を利用している。

グレートレックス氏は、この公演専用のソフトウェアをV110で動かしており、パフォーマーを約12mの高さまで吊り上げるときに使用するワイヤーやウインチの張り具合などを監視しているのだ。また、第二幕で必要となる巨大な安全ネットもこのノートPCで制御している。

実際、グレートレックス氏やチームのメンバーは、何かを調整するために高い舞台装置を登る必要があるときには、腰に装着したカラビナ付きのハーネスにV110を取り付けた状態で作業することも多いという。

TAG

ComputerGadgetGetacRuggedLaptopVideo