<資料>
 為替相場は、1月末にかけて円高になりました。ドル円は117〜118円中心に横ばい気味の展開になっていますが、ユーロ円中心にクロス円が軒並み大幅な円高になるなかで、円の総合力を示す実効相場は、昨年10月末の日銀追加緩和が行われた直後の水準まで上昇(円高)となりました<資料参照>。

 ではこの円高はさらに広がるのか、それとも再び円安に戻ることになるのかについて、今回は考えてみたいと思います。円の実効相場は足元で90日移動平均線をわずかに上回ってきました。これは、少なくとも2013年以降では円高のピークが近い意味になります。

※<資料>はコチラ⇒http://hbol.jp/?attachment_id=23683

 2013年以降は、円の実効相場が90日線を大きく上回る展開はありませんでした。そんな2013年以降のパターンが変わらないなら、足元の円高はクライマックスで、新たな円安の始まりが近いということになりますが、果たしてどうでしょうか。

 それにしても、なぜ2013年以降、円の実効相場は90日線を大きく上回らない展開が続いてきたのでしょうか。それは株安などいわゆるリスクオフの拡大に限界があった点が大きかったと思います。

 例えば、前回、円の実効相場が90日線で頭打ちになり円安に転換したのは昨年10月中旬でした。それは、「恐怖指数」とされるVIX指数の上昇が、20ポイントを超えたところで一巡し、下落に転じたタイミングとほぼ同じでした。

 円高は株安とともにリスクオフの結果とされるのが基本です。その意味では、円実効相場が90日線で頭打ち、円安への反転を繰り返してきたのは、株安などリスクオフが、VIX指数が20ポイントを超えたところで行き詰り、リスクオンへ反転した影響が大きかったということでしょう。

 さて、1月末に米株が急落したこともあって、VIX指数は足元で再び20ポイントをわずかに上回る動きになっています。では、今回も2013年以降のパターンに変わりなく、これはリスクオフの限界圏であり、いわゆる「逆張り」のリスクオン取引、つまり株買い、円売りが奏功する局面なのでしょうか。

 株買い、円売りはアベノミクス相場の「安倍トレード」と呼ばれたことがありました。その意味では、足元は絶好の「安倍トレード」で逆張りに動く局面なのでしょうか。

 気になるのは、VIX指数が20ポイントを超える動きの頻度が高まっていることです。2014年前半までは、「恐怖指数」VIX指数が20ポイント以上に拡大するのは半年に一度の割合だったのが、2014年後半は半年で2回起こり、そして今年1月はより頻繁にVIX指数の上昇が繰り返されました。

 それにしても、昨年にかけて「恐怖指数」の安定が続いたのは、本質的には米株高基調が続いたことがあったでしょう。米株は2011年秋以降、10%以上といった大幅な反落のない上昇基調が続いてきました。そのなかでは、リスクオフの動きも限られ、結果としてVIX指数の20ポイント以上への拡大は一時的にとどまってきたということでしょう。

 このような見方に立てば、米株が10%以上の大幅な反落に向うようなら、リスクオフは本格的な拡大に向かい、その中でVIX指数も20ポイントを大きく上回り上昇に向かう可能性は要注意になるかもしれません。

 1月31日に発表された昨年第4四半期の米GDP統計で純輸出が大きく減少、また四半期決算発表などから、グローバルな景気低迷の影響がいよいよ米経済にも悪影響になってきた懸念が浮上してきました。そういったなかで、米株が10%以上の大幅な反落に向う動きになるようなら、リスクオフがさらに拡大し、円高が広がる可能性も要注意でしょう。(了)

◆2月の会場及びWEBセミナーのご案内
2月4日=100万ドルナイト為替予想セミナー
2月12日=為替の学校「FXアカデミア」予測編第1部
2月19日=月例WEBセミナー「マーケット先読みLive!」
2月21日=為替の学校「FXアカデミア」1Day・名古屋
http://www.m2j.co.jp/seminar/

【吉田 恒氏】
1985年、立教大学文学部卒業後、投資情報会社の代表取締役社長などを経て、2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケットエディターズ」の日本代表に就任。国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的に行っている。また「M2JFXアカデミア」の学長も務めている。
2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。「わかりやすい、役立つ」として、高い顧客支持を有する。
著書に『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)など

●ツイッター http://mobile.twitter.com/yoshida_hisashi
●FXの学校「アカデミア」 https://www.m2j.co.jp/mp/my_fxacademia/