園監督の新作にRCサクセション、名曲「スローバラード」主題歌決定。

写真拡大

園子温監督のオリジナル新作「ラブ&ピース」の主題歌に、RCサクセションの名曲「スローバラード」が決定した。

園監督が本作の脚本を書いたのは20年余前のこと。1990年頃、若き日にこの脚本を映画化したいと思ったときは、主演の鈴木良一役を、自身がファンだった忌野清志郎さんに演じて欲しいと考え、実際に自分で忌野さんに出演をオファーしに所属事務所の門をたたいたそう。しかし、「俳優業はやっていない」との理由で出演を断られたという。

20余年を経て、その脚本は手を加えられ、監督の演出により映画化することになったが、そのような経緯もあり、主題歌に「スローバラード」を起用する運びとなった。

また、本作と2月10日(火)より全国一斉公開される映画「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM 〜#1(ナンバーワン) 入門編〜」のコラボレーション企画が実現。「ラブ&ピース」の本編映像に合わせ、映画「忌野清志郎〜」より、2007年に札幌市民会館の最後の日に行われた忌野さんのライブを1カメで収めた「スローバラード」未公開ライブ映像が挿し込まれており、新たな「スローバラード」のミュージックビデオ誕生となった。

ミュージックビデオは、映画「忌野清志郎〜」の監督を務める太田旬が編集し、園監督の監修を経て完成。泣ける名曲に、「ラブ&ピース」の力強いカットがのった感動的な映像となっている。

映画「ラブ&ピース」は、初夏、全国ロードショー。