首都大学東京の情報記憶装置が不正に利用され迷惑メール送信

ざっくり言うと

  • 首都大学東京の情報記憶装置が外部から不正に利用されていたことが判明
  • 約10万通の迷惑メールが大学の外部に送信されていたことがわかった
  • 現時点で個人情報への不正アクセスの形跡は確認されていないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング