50年前のコンピューターの「取説」ヴィデオ

写真拡大

コンピューターが部屋いっぱいのスペースを占拠していた半世紀前。1965年にIBMが制作した「コンピューターがいかに機能するのか」を解説してくれる映像を紹介。

IBMが制作したこのヴィデオは、1965年、つまり“コンピューターが部屋全体を占拠していた”時代につくられたものだが、その内容は、いまもって有益だ。

「50年前のコンピューターの「取説」ヴィデオ」の写真・リンク付きの記事はこちら

パンチカードについての解説や「テレビ型ディスプレイ」は、人によっては懐かしさを感じるかもしれないし、ある種の趣もある。しかし実際のところ、この映像は、コンピューターがいかに動作するかを説明するのに格好の素材だ。

映像につけられたナレーションは、コンピューターを理解するには、5つの基本的な機能に分解して考えればいいのだと言う。次の5つだ。

    入力:例えるなら、メガネ記憶:例えるなら、区切られた箱演算:例えるなら、計算機出力:例えるなら、タイプライター制御:例えるなら、ダイヤル盤

また、ナレーションはこれら5つの要素が組み合わさり、シンプルなプログラム──例えば5人家族の平均年齢を求める、など──をいかに実行するか、説明してくれる。

「入力」がプログラムの各ステップを読み取り、作業のステップのひとつひとつを「制御」する。「演算」し、各ステップの結果を「記憶」し、最終的な結果を「出力」する。とまあ、こういったわけだ。非常にシンプルな例だが、あらゆるコンピューターの源流というべきものだろう。

コンピューターの基本的な理屈は変わらない。たとえ、わたしたちの手のなかに収まるスマートフォンがこの1960年代製のIBMメインフレーム以上の処理能力をもっているとしても。

TAG

ComputerIBMTech historyVideoWIRED US