がんになるのは「不運だから」じゃない

写真拡大

「サイエンス」に掲載された研究が、ガンになるかどうかは偶然の結果だと述べている。しかし落ち着いてほしい。予防と早期診断が大切なことに変わりはない。

「がんになるのは「不運だから」じゃない」の写真・リンク付きの記事はこちら

これを読んでいる人のなかには、少し前にネットにあがった「腫瘍の3分の2は不運のせい」といった類の記事タイトルに出くわしたかもしれない。そもそも腫瘍の存在からして幸運なことではないが、これは一体どういうことなのだろう。これまで予防について語られていたことは、すべてでたらめだったのだろうか。

まずは、冷静に。発表された内容がどういったものだったか、改めて見てみよう。

この発表は、2人の研究者、アメリカ在住のイタリア人生物統計学者クリスティアン・トマゼッティと、ガン遺伝学の最高権威の1人、バート・ヴォーゲルスタインによる『サイエンス』の論文で、腫瘍の起源を明らかにすることを目的としたものだ。

何が問題なのかを理解するために、大きく一歩後ろに下がって初歩的なレヴェルで、がんがどのように機能するのかを理解しよう。

がんは、なぜ生まれるのか

がんは、人間をはじめとする多細胞生物にとって、避けがたい副作用と考えることができる。

わたしたちはいつも微妙なバランスのなかで生きている。人間は、自らの機能を保つのに十分なだけ細胞を複製しなければならないが、そのバランスは絶対に一定でなけれなければならない。このため、あらゆる細胞の複製は、DNAのなかにコード化されている遺伝子によって制御されている。

いくつかの遺伝子は、赤信号として機能する。「いまはストップ! 増殖しないように」。別のものは青信号だ。「いまは前に進め! 増殖を続けるように!」。健康な細胞の中で、この信号は注意深くそして厳密に点灯し、消灯する。

しかし、DNAはもろく、損傷を受けやすい。細胞が2つに分かれるときこの損傷がしばしば突然変異へと変わり、赤信号と青信号のチェックポイントを妨害するのだ。

上記の例えでいうならば、赤信号をなくしたり青信号を点灯したりしたままにすることで、突然変異の細胞はより増殖しやすくなる。突然変異の細胞が増殖するにつれて、DNAの損傷がさらに蓄積される。細胞たちは絶えることなく複製プログラムを実行し、制御されることなく増えていく。これがいわゆる、がんだ。

shutterstock_61775431

image from Shuttersock

いったい何が、DNAを損傷させるのか。まず、そこには「決定論的要因」が存在する。タバコの煙や食物に含まれる発がん性物質や、放射線被曝、遺伝的傾向などだ。しかし(そしてこれこそがキーポイントなのだが)、わたしたちが完全になくすことのできない「内在的要因」も存在する。

内在的要因──例えば、酸素を呼吸することで、DNAを襲うフリーラジカルが不可避的に生み出される。わたしたちは、これをどうすることもできない。こうした要因はゲノム内に偶発的な損傷を引き起こす。

「がんの主要な原因は、決定論的要因だろうか、それとも内在的要因だろうか」。これが、サイエンスで報告された研究が答えようと試みた問いだ。もし、DNAの損傷が主に不可避的な要因によるものなら、すべての組織のDNAが多かれ少なかれ同じように損傷を受けると予想される。

しかし、だ。ゲノムの損傷は、複製のサイクルのあとで突然変異へと変わる。一方、わたしたちの体のさまざまな組織は、それぞれ異なる速度で増殖している。血液や皮膚は数週間で完全に入れ替わるが、神経組織のように一生涯生き残るものもある。

さまざまな速度で増殖するということは、突然変異もさまざまな速度で蓄積するということになり、したがってガンを妨げる“信号機”のチェックポイントを破壊する確率も、高くなったり低くなったりするはずだ。したがって、組織の増殖速度と腫瘍ができる確率の間に強い相関関係を見出せなければおかしい。しかし、逆にもしDNAに損傷を与える要因が特定のものなら(タバコの煙、食品など)、がんの頻度は組織がこうした要因にさらされることによるもので、増殖の速度は二次的要因のはずである。

「不運」のメカニズム

研究者たちは、ある組織の幹細胞の増殖速度のデータを採取した。そしてその結果発見したのは、「ある組織の細胞が複製すればするほど、ほかのすべてとは無関係に、より腫瘍が生まれやすくなる」ということだった。

しかし、この相関関係は完全なものではなく、ある組織が腫瘍を発達させる可能性の3分の2を説明したにすぎない。残りの3分の1についてトマゼッティ氏とヴォーゲルスタイン氏の2人が調べたところ、それらは、リスクの要因がよく知られている部位だと判明した。喫煙者における肺腫瘍や、パピローマウイルスによって引き起こされる腫瘍がそうだ。つまり、ガンの類型の30%に対しては、私たちは直接的に行動して、予防することができるということだ。

このことは興味深い。というのも、サイエンスの論文はまったく驚くべきものではなくて、すでに考えられていたモデルの、歓迎すべき裏付けだったからだ。実際、2人の著者の計算した数字は、30〜50%という、実際に予防可能な腫瘍のケースの割合に関する先行する推計と非常によく一致している。

shutterstock_224615704

image from Shuttersock

科学者の合理的な頭脳は、科学の論文の中に「不運」(bad luck)という言葉を見つけてぎょっとする。しかし、単に否定的な結果が偶然起きた蓄積として「不運」を理解するなら、「不運」は偶然の結果を簡単に説明する用語でしかない。

わたしたちは偶然に心安まることがない。人類はあまりに“優秀”なので、構造が存在しないところにもそれを見出す。わたしたちは火星上でネズミを見つけ、陰謀論を信じやすい動物だ。

人間は、状況をコントロール下に置いていて、きちんと行動すれば悲劇を避けることができると信じざるをえないのだ。しかし、ときとして偶然は起こる。特に大きな数字が関わっている場合であれば。宝くじを当てる確率は極度に低いが、何百万人もの人が毎週買えば、いつかは誰かが当てるだろう。

同様に、腫瘍を引き起こす突然変異がすべて「当たり」になることはありえないが、数十年の間に、数十億の細胞においてであれば、──残念ながら──どれかが当たりを引き当てるのは簡単だ(これが、年齢が進むとよくガンになる理由だ。時間が経てば経つほど、より多くの回数、わたしたちはこの邪悪なゲームをすることになる)。

わたしたちにできるのは、早期に──まだ治療が可能なとき、手遅れになる前に──診断を受けることだ。トマゼッティ、ヴォーゲルスタイン両氏の研究は、わたしたちに運命論を強いるのではなく、あらゆる予防と診断の戦略の重要さを思い出させてくれるのである。

TAG

CancerDiseaseMedicalResearchWIRED IT