2月2日、映画『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』の公開アフレコが都内にて行われ、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(39)が出席した。

 本作は、夜になると博物館の展示物が生き生きと蘇り、奇想天外なアドベンチャーを繰り広げる人気シリーズの第3弾。

 徳井が吹き替えを務めるのは、映画の中でも登場シーンも多く、重要な役割を果たすことになる中世の騎士、ランスロット。「こんなにガッチリとセリフがあるとはびっくりした」と明かしたが、スタッフからは何度も「プロの声優かと思った」と絶賛されたといい、気を良くした徳井は「声優さんたちはベテランが多い。そろそろ世代交代の時期が来てもいいんじゃないですか」と、上機嫌な様子だった。

 また、特徴的な絵を描くことから、皮肉を交え“画伯”とも呼ばれている徳井。この日も「スフィンクス」や「モアイ像」を描いたが、その微妙な仕上がりに会場からは失笑がもれ、徳井は「映画のイメージダウンにならなければいいな」と心配していた。

 『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』は、3月20日(金)よりTOHO シネマズ日劇ほか全国にて公開。

(撮影/柴田 悟)