JFAは2日、2015年の日本女子各カテゴリーのナショナルコーチングスタッフが決定したと発表した。

 6月に女子W杯が控える日本女子代表(なでしこジャパン)のスタッフに変更はなく、U-20女子W杯2016を目指すU-19日本女子代表のコーチに大部由美氏、GKコーチに渡邉英豊氏が就任。さらにU-17女子W杯ヨルダン2016を目指すU-16日本女子代表の監督に楠瀬直木氏、コーチに岡本三代氏、GKコーチに小林忍氏が就任する。

 町田のアカデミーダイレクターを兼務したまま、U-16日本女子代表の監督を務める楠瀬氏はクラブを通じて、「このたび、U-16日本女子代表チームの監督就任に当たり、大きな責任を感じております。私にとっては女子サッカーの監督は、未知の世界ですが、これまでの経験を生かし、日本サッカー界のために全身全霊をかけ、チャレンジして参ります」とコメントしている。

■日本女子代表(なでしこジャパン)

監督 佐々木則夫

コーチ 中村順

GKコーチ 前田信弘

フィジカルコーチ 広瀬統一

■U-19日本女子代表

監督 高倉麻子

コーチ 大部由美

GKコーチ 渡邉英豊

■U-16日本女子代表

監督 楠瀬直木

コーチ 岡本三代

GKコーチ 小林忍