冨田尚弥が韓国で通訳なしの公判 内容を理解できないまま審理

ざっくり言うと

  • 窃盗罪をめぐり正式裁判を求めた冨田尚弥の公判が2日、仁川地裁で開かれた
  • 法廷通訳人が出席せず、冨田は内容を理解できないまま審理が行われた
  • 通訳の不在について裁判所は「通訳人が公判期日を錯覚した」と弁明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング