危険ドラッグ所持の疑いの都職員 事情聴取の前日に自殺

ざっくり言うと

  • 都産業労働局の男性職員が、危険ドラッグ所持の疑いで任意捜査されていた
  • 男性職員は事情聴取の前日である30日、千葉県内の自宅で自殺した
  • 「警察が捜査中と聞いており、現時点でコメントは差し控えたい」と東京都

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング