© & TM Lucasfilm Ltd.

写真拡大

SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの、さらなる魅力に迫る企画展『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が、六本木ヒルズ森タワー52階展望台・東京シティビュー内スカイギャラリーにて、4月29日(水・祝)から6月28日(日)まで開催される。

同企画展は、今年12月に公開を控えるシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に先駆けて行われるもの。4月末にリニューアルオープンを控える東京シティビューの改修工事中後、初の大型企画展となる。

最新作公開に先駆け「スター・ウォーズ」の世界観を堪能


1977年に公開されて以来、社会現象として世界中を駆けめぐり、今や映画作品という枠に収まらず、ジャンルを超えて幅広い世代を魅了してやまないスペースオペラ「スター・ウォーズ」シリーズ。

本展覧会では、同シリーズの生みの親でもある映画作家・ジョージ・ルーカスさんが、世界中から選りすぐった100人のアーティスト制作の作品とともに、「スター・ウォーズ」の魅力を 「ビジョン」というテーマで紹介。展示では、これらのアート作品は、世界初公開となる。

また、これまでに公開されたシリーズ6作品の映画制作で実際に使用されたルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アート所蔵のコンセプトアートや衣裳、小道具など約100点を展示。海抜250mに位置する東京シティビューからの夜景を活かした、ここでしか見ることのできない展示や、六本木ヒルズ街内とも連動したダイナミックな展開も必見だ。

また、会場内のショップと六本木ヒルズ内の店舗では、会場限定オリジナルアイテムや、会場先行発売の最新アイテムなどを多数販売される予定。

映画史に名を刻んできたシリーズの最新作映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の12月公開に先駆け、「スター・ウォーズ」に込められた「未来へつづく、創造のビジョン」を味わってみてはいかがだろうか。未来へつづく、創造のビジョン

スターウォーズ エピソード7 予告