「楽らく玄米」は玄米と米糀のみで出来ている

写真拡大

太陽のマルシェ実行委員会は、日本最大級規模の「食べる・買う・学ぶ・体験」ができる新しい都市型マルシェである「太陽のマルシェ」を、東京都中央区勝どきの公園で2015年2月14、15日に開催する。

発酵食品&バレンタイングッズ

13年9月より定期開催され累計来場者数は27万人以上。今回のスペシャルテーマである「発酵食品」は、体に良い成分が豊富で食材の旨味も増すと注目を浴びている。玄米甘酒や伝統製法の味噌や醤油、甘糀ジャムのほか、インドネシア発祥の大豆発酵食品「テンペ」などが販売される。

開催日がバレンタインであることから、プレゼント用フラワーアレンジメントのワークショップも開催される。そのほか、バレンタインデザートピザやフランス直輸入のマカロンなどのスイーツ、地元の人気店「FURUSATO」のハンバーガーが出店するという。

営業時間は午前10時から午後4時で、場所は月島第二児童公園(中央区勝どき1-9-8)。全国から約100店舗が出店し、来場者数は2日間で延べ約2万人の想定。