写真提供:マイナビニュース

写真拡大

1月31日、2月1日と二日間にわたって千葉県・幕張メッセで開催された、ドワンゴ主催のゲーム実況とゲーム大会の祭典「闘会議2015」が2日間の会期を終え、無事閉幕した。

初開催となった「闘会議2015」は、ゲーム実況とゲーム大会の祭典で、会場の各ブース・イベントステージでは、ゲーム実況プレイやゲーム大会などが行われ、ニコニコ動画で人気のゲーム実況者なども多数出演。特別協賛の任天堂のほか、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ミクシィ、LINE、サイバーエージェント、スクウェア・エニックス、ソニー・コンピュータエンタテインメント、バンダイナムコゲームスといったゲームメーカーがブース出展した。

ゲームという名のもとにTVゲームや携帯ゲーム、スマートフォンゲームはもちろん、カードゲームやボードゲーム、将棋などを楽しめる「アナログゲームエリア」も人気を集めていた。また、コスプレエリアも設けられ、イベントを彩るとともに、ステージイベントやインタビューを動画サービス「ニコニコ生放送」で生中継。ゲームの人気キャラクターのコスプレを楽しんでいた。

会場来場者数は2日間合計で3万5,786人。ネット来場者数は574万6,338人、コメント数は250万3,421件を記録している。そして、イベント会期中には「闘会議2016」の開催も発表。次回は会場を拡大し、2016年1月30日、31日の2日間にわたって開催されるという。