教育現場はグローバル化に対応できるか:映画『バベルの学校』に学ぶ多文化共生の実践

写真拡大

フランスに移住してきたばかりの子どもたちが、仏語と基礎的な学力を学ぶ「適応クラス」。国籍も宗教も家庭のバックグラウンドも異なる生徒たちひとりひとりと向き合い、尊重し、導く教師ブリジット・セルヴォニと彼らの1年を描いた『バベルの学校』。本作の特別試写会に、長年日本で日本語国際学級を担任し、外国人教育論などに詳しい善元幸夫が登壇した。

「教育現場はグローバル化に対応できるか:映画『バベルの学校』に学ぶ多文化共生の実践」の写真・リンク付きの記事はこちら

1月7日にパリで起きたシャルリー・エブド襲撃事件はフランス社会のみならず全世界に衝撃を与えた。この事件の背景にフランスの移民問題を挙げる向きもあるが、フランスをはじめ先進国の多くは移民を社会の活力としていかに取り込むかに苦慮している。そこで考えなければならないことのひとつが、移民の子どもたちへの教育だ。

先進国のひとつである日本においても、グローバル化の流れのなかで1980年代以降「ニューカマー」と呼ばれる外国人が増え、将来的にはその数は1,000万人近くになるとの指摘もある。

少子高齢化と将来の労働力不足についての懸念から、移民を受け入れるべきかの議論が国内でも熱を帯び始めている。今後、移民をどのように受け入れるかは日本人にとって決して対岸の火事ではなく、来るべき未来として考える必要があるだろう。その点で『パパの木』(2010カンヌ国際映画祭クロージング作品)や『やさしい嘘』(カンヌ国際映画祭「国際批評家週間」グランプリ)のジュリー・ベルトゥチェリ監督による『バベルの学校』は、この問題を考えるきっかけをわたしたちに与えてくれる。

ナレーションをまったく含まないドキュメンタリーである今作では、移民としてフランスにやって来た子どもたちが「適応クラス」で学ぶ日々が描かれている。彼らはそこで通常クラスに移っても支障ない学力やフランス語が身につくまで勉強する。「適応クラス」はフランス全土でおよそ840校あるが、『バベルの学校』ではパリ市内の中学校で学ぶ母語も宗教も文化的バックグラウンドも異なる20国籍24人の生徒たちの日常にフォーカスしている。

そこでは初日から個と個のぶつかり合いだ。自分の国の「こんにちは」を紹介する課題を与えられ、アフリカ出身の子が「アッサラームアライクム」と発表すれば、エジプト出身の生徒が「それはイスラム教徒にとっての挨拶であって『こんにちは』ではない」と挑戦的に切り返す。

クラスにはネオナチの迫害にあってフランスに亡命したユダヤ人、親族から虐待を受けて「自由な女性になりたくてこの国に来た」と語るセネガル人、10年近く母親に会えていなかった中国人など、親の事情で仕方なしにやって来た子どもも多い。クラス担任のブリジット・セルヴォニ先生は、そういう子どもたちひとりひとりと向き合い、彼らの抱える問題や苦悩に耳を傾ける。

単なる文化や宗教、人種、言語の違いだけではなく、それぞれの子どもたちが抱えるひとりひとりの苦労や困難、それが「適応クラス」を複雑で個性的なものにしている。文化的、宗教的、人種的にそれぞれが多様なバックグラウンドをもつだけではなく、家族や本人が抱える問題も子どもたちそれぞれで違う。

彼らの断片的な言葉から浮き彫りにされる個としての強烈な存在感、それは均質な日本社会に生まれ暮らしてきた我々がすぐに理解できるものではなく、クラスでひとりひとりとぶつかり合うなかで受け入れていくものなのだろう。これこそがまさに「インターナショナル・スクール」なのかもしれない。

現在、フランスではおよそ35,000〜40,000人の移民の子どもを教育するため多くの学校に「適応クラス」が用意されている。フランス語を学ぶことでフランスを知り、さまざまな国から来たクラスメイトと一緒に授業を受けて自分自身と異文化について学ぶ。その意味で「適応クラス」は移民の子どもたちが自分の個性や価値を見つけ、フランス社会で生きていくための手助けとなっている。

一方、日本における移民の子どもたちへの教育はまだ途上と言わざるを得ない現状のようだ。世界中から人々が集まってくる新大久保の小学校で日本語国際学級を担任し、移民の子どもたちの教育に詳しい善元幸夫は、本作品観賞後に日本に住む移民の子どもたちが抱える問題について大きく2つ指摘する。

15691532294_812ee0424f_z

善元幸夫|YUKIO YOSHIMOTO
1973年、東京学芸大学教育学部卒業後、東京・江戸川区立葛西小学校で中国・韓国からの残留孤児2世のための日本語学級に14年勤務する。1995年「日韓合同授業研究会」をつくり、日本・韓国・中国の国際交流研究会を開催。2003年には、東京・新宿区立大久保小学校日本語国際学級を担当。2010年退職し、その後、琉球大学をはじめ、東京学芸大学などで国際協力論、外国人教育論などを担当する。著書に、『いま、教師は何をすればいいのか』(小学館)、『ぼく、いいもの いっぱい』(子どもの未来社)など多数。

ひとつは、移民の子どもたちが学校で日本の文化や日本人の価値観になじむようにとの同調圧力にさらされてしまい、いつしか母国の文化への誇りを失うと同時に日本人になりきれない自分に否定的認識を持つようになる「アイデンティティー・クライシス」。そして、もうひとつは人種的偏見からくる「いじめ」について。

これらの問題について善元氏は「多文化共生」の必要性について語る。

「これからグローバル化が進むと、移民、すなわちアジアの労働力の移動は止められない。これからどんどん国境は低くなるだろう。しかし、われわれ『日本人』だって元から日本列島に住んでいたわけではない。中国大陸や朝鮮半島から遥か昔にやってきたのだ。そこには早く来たか遅く来たかの違いしかない。移民を単なる労働力として見るのではなく、ひとりひとりの人間がいて、そこにひとりひとりの歴史がある。そこまで考える必要がある」

グローバル化とは外向きのあり方だけではない。日本国内で外国人が幸せに暮らせることもグローバル化だ。「多文化共生」社会の豊かさについて、『バベルの学校』のセルヴォニ先生は次のように語る。

「異文化に触れることで人は、さまざまなことを学ぶことができるし、それは生きる上で大切なこと。そもそもフランス文化も、ひとつの文化で成り立っているわけではない。違いとはひとつの豊かさの象徴なのだ。それを糧にして生きていく必要がある」

違いをひとつの豊かさの象徴と認められるか、そこにわれわれの社会の成熟が示されるだろう。

アメリカの教育者ウィリアム・アーサー・ワードの言葉に次のようなものがある。

凡庸な教師は、ただしゃべる。
よい教師は、説明する。
すぐれた教師は、自らやってみせる。
そして、偉大な教師は心に火をつける。

移民の子どもたちと正面から向き合うセルヴォニ先生や善元氏は、文化的ルーツを大切にしながら誇りをもって生きることを教え、「自尊」という灯を彼らの心にともしている。教室は未来の大人が育つ場だ。我々はそこで学ぶ子どもたちの姿を通して、未来の社会のあり方を垣間見ることができるのではないだろうか。

バベルの学校
2015年1月31日(土)
新宿武蔵野館、渋谷アップリングほかロードショー

アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。世界中から11歳から15歳の子どもたちがフランスにやって来た。これから1年間、パリ市内にある中学校の同じ適応クラスで一緒に過ごすことになる。24名の生徒、20の国籍…。この世界の縮図のような多文化学級で、フランスで新生活を始めたばかりの十代の彼らが見せてくれる無邪気さ、熱意、そして悩み。果たして宗教の違いや国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのだろうか。

TAG

DiversityEducationFilmGlobalizationInternational SchoolLanguage