【闘会議】キモい動きのポケモン現る やっぱり「まるなげひろば」はカオスだった

写真拡大

1月31日・2月1日の2日間開催された、ゲーム大会とゲーム実況の祭典「闘会議2015」。

様々なゲームメーカーによる体験型ブースやステージイベント、コスプレなど、ゲーム好きもゲームに触れたことがない人でも充実した時間を過ごせる盛り沢山の内容となっていました。

そして、niconico主催の大型イベントと言えば、「ニコニコ超会議」同様、企画・準備・運営すべてをユーザーにゆだねた「まるなげひろば」があります。

2日目も、カオスでユニークな方々が出展されていたので、ごく1部をご紹介します!

ファミコンが楽器に!


reDSC_0042


ファミコンやスーパーファミコンで演奏してる! こちらは、「ニコニコ超会議」での出展もお馴染みの「なんかへんなもの演奏する」。

【FF3】演奏できるスーパーファミコンで「悠久の風」


【ニコニコ動画】【FF3】演奏できるスーパーファミコンで「悠久の風」

普段はほかの楽器も持ち込まれていますが、今回はゲームのイベントということで、ファミコンとスーパーファミコンだけ。

reDSC_0034



もともと、電子工作が好きで、電子工作品で音を出すことを目的に着手していたところ、任天堂の『大合奏!バンドブラザーズ』に影響を受け、ゲーム機などでゲーム音楽を奏でてみようと思ったそうです。

rereDSC_0036



そのため、これまでは任天堂のゲーム機を楽器にしていたそうですが、今後はセガのメガドライブなどの楽器化にも挑戦してみたいと話していました。



こんなポケモンはゲットしたくない…?


reDSC_0120


なにやら、ひときわ騒がしい一角があるな…と思ってみたら、「くさりねポケモンじごく」と掲げられたブース。

乳首を出した妖しい恰好の人の胸に、「ヒトデマン」の文字!? ほかの2人もよく見たら、ヌマクローに、チコリータ…?

ここは、世のあらゆる二次元を具現化する・鎖音プロジェクトによる体験型ブースでした。

【鎖音プロジェクト】進撃の巨人OP実写にしてみた【レーベル14】


【ニコニコ動画】【鎖音プロジェクト】進撃の巨人OP実写にしてみた【レーベル14】

500円で、3つのモンスターボールを投げ、見事ポケモンに当ててゲットすることができたら、チェキが撮れるというもの。

この日、体験したお客さんは100人以上。うち、3回とも外した人は1人だけ…! その人も、4回目に幻のマスターボールを使って無事にポケモンをゲットされたそうです。

reDSC_0128



rereDSC_0130

もろに腹にくらった瞬間



reDSC_0131



僕らを見る度にフリーザーみたいに冷たい目をして通り過ぎていく人が多かったです」とのことでしたが、鎖音プロジェクトのリーダーが扮するヒトデマンの動きがとにかく気持ち悪すぎると評判でした。



reDSC_0083



reDSC_0107



動くホモォ?が出現!


reDSC_0151


ホモォが動いてる…!? この作品を制作したペーパーアーティスト・北村胡桃木さんいわく、厳密には多足のため、「ホモォ的な何か」だそうですが。

rereDSC_0147



「くるみぎ紙研究所」の北村胡桃木さんは、紙による様々な工作品や、アニメなどのキャラたちを箱状にデフォルメした「はこキャラ」などを制作されています。



ホモォのインパクトも強烈でしたが、ほかにも、ジャンケンのグー・チョキ・パーの強さを動的に表現した「ジャンケンできる飛び出すカード」など、個性が光る作品が展示されていました。

reDSC_0155

チョキがパーに勝つ様子



reDSC_0158

パーがグーに勝つ様子



ジャンケンができる飛び出すカードを作ってみた。紙で。


【ニコニコ動画】ジャンケンができる飛び出すカードを作ってみた。紙で。

体験型が多くユーザー主体の闘会議の中でも、ひときわ異彩を放っていたまるなげひろば。しかも、そのほとんどがゲームに関連のある企画やブースだったので、超会議ともまた違うテイストのものが並んでいました。

次回の闘会議でも、どんな才能が集結するのか楽しみです。