ファッションの「卸売り」をオンライン化する設計者モナ・ビジョア

写真拡大

「ファッションは歴史的に『ペンと紙』に頼ってきた。そんな時代はもう終わる」。モナ・ビジョアは、ブランドとリテイラー間のやり取りをすべてオンライン化するホールセールのマーケットプレイス「Joor」を立ち上げて、その前時代的なビジネスを変えようとしている。雑誌『WIRED』VOL.13より、ファッション×テックのキーパーソンへのインタヴューをウェブで連載。

「ファッションの「卸売り」をオンライン化する設計者モナ・ビジョア」の写真・リンク付きの記事はこちら

MONA BIJOOR│モナ・ビジョア
Joor Founder & CEO。シャネルやエリー・タハリのブランドコンサルタント、セレクトショップのバイヤーを経て、2010年NYにて「Joor」を創業。現在、750以上のグローバルブランドが導入。導入費用は年間約約100万円から。

連載/テクノロジー×ファッションの若き旗手たち

1 ジャスティン・クック:バーバリーのデジタル革命を率いた戦略家
2 モナ・ビジョア:「卸売り」をオンライン化する設計者

※第3回目は2/8(日)公開予定

ファッションは、しばしば「Pen & Paper」(ペンと紙)ビジネスと揶揄される。事実、多くのブランドやリテイラーが、いまだにこのアナログな方法で毎シーズン巨額の富を動かしていることに驚愕せずにいられない。

ホールセール・コマースを革新する「Joor」の創設者でCEOのモナ・ビジョア自身、かつてはブランドコンサルタントやバイヤーとして、まさにペンと紙でビジネスしてきたひとりだ。前時代的なビジネスを「テクノロジーの力でよりよく効率化」するべく、2010年、ブランドとリテイラー間のやり取りをすべてオンライン化するホールセールのマーケットプレイス、Joorを立ち上げたのだ。

通常の卸売りの流れを要約すると、こんな具合だ。

まずリテイルのバイヤーは、パリやNY、ロンドン、ミラノなどのブランドのショールーム、あるいはマルチブランドが集まるトレードショーに赴き、コレクションを見て、ラインシートにオーダー内容を書き込む、または独自のデータベースに入力し、それをブランド側に(ときにファクスで)送ってオーダーを完了する。

ブランド側は、バイヤーたちからバラバラなフォーマットで送られてくるオーダーシートを受け取り、まとめ(特に手書きの場合は、判読不能な文字があったりするので厄介)、自社フォーマットに入力し直し、その後もいくつかの過程を経て、ようやく工場に発注する。

そう、膨大な時間と労力の無駄のうえに、われわれが店頭で手に取るプロダクトは成り立っているのだが、残念ながら、このホールセール・コマースのプロセスに“手の温もり”はあまり必要ではない。

Joorで同じ作業をやってみよう。バイヤーたちはショールームを訪れ(あるいは訪れずに)、美しくデザインされたJoorにサインインし、まるでオンラインショッピングをするようにコレクションを買い付ける。オーダー内容はブランドごとに一覧表示されるため、もし買い付けるすべてのブランドがJoorを導入していれば、ワンプラットフォームですべてのオーダー内容を管理でき、そこからさまざまな販売戦略に発展させることができる。

ブランド側も、リテイラーから送られてくるバラバラのオーダーシートにもう悩まされなくていい。Joor上で自動的にまとめられた数字をベースに、多角的なアナライズが可能になる。もちろん、このデータが、ブランドの未来を築いていくための重要なマーケティングリソースとなるのはいうまでもない。

「バイヤーたちは年中“美しいもの”を探して、世界中を飛び回ってる。そこにかかる膨大な時間と経費を合理的に省略することで得られるメリットは計り知れない。忙しすぎて、“夢”を見られなくなったらファッションは楽しくない。わたしたちのミッションは、ブランドやリテイラーを成功に導くこと。ファッションをテクノロジーの力でエンパワーしたいの」

Joorを導入しているブランド数は、現在、拠点を構えるNY、LA、ミラノ、パリ、シドニーを合わせて、750を超える。B2BからB2Cへの応用も始まっており、アメリカブランド、ジョン バルベイトスなどは既に、顧客が未入荷の商品を予約する際などに活用できるリテイル版Joorを旗艦店で実装している。

「さらに今年は大規模投資を受けて、サービス拡充を加速させる予定。そのひとつが、バイヤーが新しいブランドや新しいプロダクトを発見する面白さを提案する、リコメンデイション機能の付いたサーチエンジンの導入。今後は、ブランド名からプロダクトを探すだけでなく、例えば『白いドレス』というキーワードからブランドを検索できるようになるわ」

ブランドやリテイルの側に立ち、プロダクトの素晴らしさを最大化する直感的でシンプルなシステム構築にこだわるモナ。ファッション界のホールセール・コマースをひとつのプラットフォームに統合する、つまり「Joor化」するのが、彼女の夢だ。

連載/テクノロジー×ファッションの若き旗手たち

1 ジャスティン・クック:バーバリーのデジタル革命を率いた戦略家
2 モナ・ビジョア:「卸売り」をオンライン化する設計者

※第3回目は2/8(日)公開予定

雑誌『WIRED』VOL.13
Amazonで購入する>>

最もアナログな業界と言われてきたファッションの世界に、デジタルテクノロジーがもたらされたとき、いったい何が起こるのか。未来のイノヴェイターたちや、スタートアップ・デザイナーのブランド論、7つのケーススタディからその未来を探る。詳しくはこちら。

TAG

Decoded FashionDisruptFashionMagazineStartupVol13