機械が人に絵の描き方を教えてくれる日

写真拡大

ピアノを弾いたりや絵画を描いたり。そうした才能を生まれつきもっていない人に、朗報がある。そうした能力は近い将来、必要ではなくなるかもしれない。ササウラブ・ダッタによる、「機械仕掛け」の実験結果。

「機械が人に絵の描き方を教えてくれる日」の写真・リンク付きの記事はこちら

ピアノが弾けなくても、上手く絵を描けなくても問題ない。そのグローブは、超絶技巧のパッセージをあなたの指で弾かせてくれるし、あなたの手が完璧な円を描けるように導いてくれる。ロボット制御のアクセサリーが、問題を簡単に解決してくれる──。

これには多少の誇張が含まれるが、デザイナーでありエンジニアでもあるササウラブ・ダッタの新しいプロジェクトは、そんな世界を実現するものだ。

コペンハーゲンのインタラクティヴデザイン研究所のプロジェクトとして、ダッタ氏は触覚フィードバックを使用したデヴァイスを制作した。これは、ピアノの鍵盤を叩いたり簡単な図形を描いたりといった単純作業を人に教えてくれる。つまり、人が機械をコントロールするのではなく、機械が人をコントロールするのだ。

そもそもダッタ氏が発想したのは、「機械にわたしたちの生活における作業を肩代わりさせれば、筋肉はそれを記憶するようになるのではないか」というアイデアだった。

例えば、機械があなたの手に一定の動きをするように“強制”して絵の描き方を指導してくれたなら。十分な回数の訓練を繰り返せば、あなたの手はそのやり方を記憶するようになるだろう。

ダッタ氏がプロジェクト初期において用いたのは、人差し指をコントロールするための強制的な触覚フィードバックだ。ロボットが動作して、ピアノの鍵盤を叩くように人の指を押し下げる。機械はあなたの四肢を、複雑で有能なメカニズムをもった器官というよりも、生気の無い道具のように扱うわけだ。

DSC_4992-2_1250-660x495

これらの試作品は大雑把なもので (なにしろ制作期間はたったの1週間だ)、実際のツールとして使用するというよりもむしろ、将来においていかに機械と人間が作用しあうかを調べるためのものだった。

「このシステムとソフトウェアの目的は、機械と人間が同じ目的に対して異なる視点をもっているとき、人がどのように折り合いをつけるのかを理解するためのものだ」と彼は記している。「いかにお互いを補い合うか、もしくは反目しあうのか」。

ダッタ氏は、機械にどの程度のコントロールを与えるべきかをテストするために、まずは人間からの入力を“却下”した。すると、ほとんどの人は機械が完全にコントロールしているときには不快に感じることがわかった。彼らは自分で手首と手がより快適な位置になるよう、強制的なフィードバックに抵抗したのだ。

その後、彼は機械が人間の動きを記録するように設定を変更し、妥協点を見出していった。

ダッタ氏はこの実験から得られた発見を、来るべき未来、触覚の相互作用を設計するためのガイドラインを構築するために使いたいと考えている。実際、機械がわたしたちの代わりに決定を下す範囲は拡がっており、例えば自律走行車では、人間と機械との領域についての議論が進められている。

テクノロジーは人間の能力を増大させ、わたしたちの生活をより容易にする可能性を常に秘めている。そして、それ自体は素晴らしいことだ。

コンピューターは優しくて説得力のある教師になり得る。しかし同時にそれらは不気味で圧倒的になる力ももっている。有益さと異様さの間には微妙な境界線がある。これらのシステムがより一般的になるとき、ダッタ氏が行った実験は、人間と機械の間の物理的な関係のニュアンスを理解するのに役立つだろう。

TAG

MedicalRemote ControlRobotTeleexistance