写真はボルドー シルバー、ブラックも用意される

写真拡大

パソコン(PC)周辺機器などを扱うアイ・オー・データ機器(金沢市)は、USB 3.0対応のポータブルハードディスクドライブ(HDD)「超高速カクうす HDPC-UTEシリーズ」、500GB、1TB、2TBモデル3機種を、2015年2月上旬に発売する。価格(税別)は、500GBモデルが1万900円、1TBモデルが1万3700円、2TBモデルが2万400円。

USB HDD録画対応機器とつないでハイビジョン録画も

ダウンロード無料のソフトウェア「NTFS for Mac I-O DATA」をMac PCにインストールすることで、「Mac OS X」でもNTFSフォーマットのままデータの書き込み、閲覧ができる。Mac専用フォーマットへ変更しないため、Windows、Mac両方でフルに使用できるのが特徴。

テレビとPCとの接続に使える、2種類のケーブルが付属。PCのデータ保存に加え、USB HDD録画対応テレビやレコーダーにケーブル1本で接続し、ハイビジョン番組の録画ができる。

3モデルともサイズは75(幅)×14(高さ)×112(奥行)mm(突起部分は除く)。重量は500GB、1TBモデルが約160g、2TBモデルが約180g。カラーはシルバー、ブラック、ボルドーの3色。