朝日新聞記者が政府の指示に従わずシリアで取材 外務省幹部が懸念を示す

ざっくり言うと

  • 31日、朝日新聞のイスタンブール支局長がシリアで取材していることが判明
  • 外務省幹部は「記者も当事者意識を持ってほしい」と述べた
  • また「非常に危険でいつ拘束されてもおかしくない」と強い懸念を示している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング