東森美和

写真拡大

30日深夜に放送の「有吉ジャポン」(TBS系)で東森美和が、NHKの地震中継での炎上がきっかけで会社を解雇されていたことを告白した。

東森は2014年5月5日、関東地方で震度5弱の地震を報じたNHK中継映像に泥酔状態で映りこみ「地震なんかないよ!」と連呼をしたことで、炎上騒動を巻き起こしたタレントだ。



番組では、初出演の東森を「実は芸歴15年」と紹介したが、司会の有吉弘行や他の出演者もピンと来ない様子だ。そこで、東森は自己紹介を始め「(昨年)5月に渋谷区で震度5の地震があったんですよ」と語ると、有吉は「あれか! お前か!」と苦笑いを見せた。

東森は続けて「それで私、お酒を飲んでいて、それで会社をクビになって。気づいたら、います(ここに)」と、苦い過去を告白して笑いを誘った。

また、東森は番組が用意した北千住の地酒を笑顔で飲みだし、有吉が「やめとけよ!」とツッコミを入れる一幕もあった。




【関連記事】
消えた楽しんごが整体ビジネスで成功 現在も豪邸住まいであることを「有吉ジャポン」で告白
NHKの地震中継で炎上した東森美和がDVD発売をブログで発表
博多大吉、よしもとの「芸人の解雇」を賭けたDVD商法を疑問視 「芸人さんがノルマ背負わされたらさ、もう意味がわかんないでしょ」