「Gmailでの送金」、英国でも可能に

写真拡大

「Gmail」を使って送金や払い戻しを行えるサーヴィスが、米国に続いて英国でも利用できるようになる。

「「Gmailでの送金」、英国でも可能に」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国のGmailユーザーが、電子メールを使って送金を行えるようになる(ただし、自分の銀行口座の詳細情報をグーグルに知られても構わない人であればの話だが)。

送金は、電子メールの添付ファイルとして行う。メールの作成画面に、ポンド記号のアイコンがオプションとして表示されるようになる。

この機能は「Google Wallet」内のサーヴィスで、米国では2013年5月から開始されている。ただしグーグルによれば、アプリ、カード、「Buy with Google」(Googleで購入)ボタンなどGoogle Walletの他のサーヴィスについては、英国で近いうちに開始する予定はないという。

Gmailユーザーが送金を行うには、自分の銀行口座をGoogleアカウントに登録する必要がある。「Google Play」ストアで商品を購入したことがあるユーザーなら、すでにそうなっているはずだ。

送金する相手は、電子メールアドレスを持っている英国内の人であれば誰でもかまわない(ただし、相手がお金を受け取るプロセスでは、その人もGoogle Walletを使う必要がある)。

また、お金を送るだけでなく、引き出すことも可能だ。ただし、1回あたり5,000ポンド(約89万円)、5日間で10,000ポンド(約178万円)という取引限度額が設定されている

お金をやり取りできる口座は、英国にある銀行の口座のみだが、Google Walletまたはデビットカードから送金する場合には手数料はかからない。ただし、クレジットカードを使った取引では、2.9%の手数料または最低0.18ポンド(32円)の手数料がかかる。

Gmailを使っていない人でも、Google Walletを使っていれば、ウェブサイトから送金が可能だ。取引は2つのGoogle Walletアカウント間で実行され、登録されている銀行口座にお金が送られる。

TAG

GmailGoogleWalletMoneyVideo