名刺サイズ以下のコンパクトボディ

写真拡大

日本サムスン販売特約店のITGマーケティング(東京都港区)は、日本サムスン製USB3.0対応ポータブルSSD'(ソリッド・ステート・ドライブ)「Samsung Portable SSD T1」シリーズを、2015年1月下旬に発売。250GB、500GB、1TBの3モデルをラインアップ。

高いセキュリティー性に加え、衝撃・振動・熱に強い堅牢設計

SSDは半導体素子メモリを用いた記憶装置。「Samsung Portable SSD T1」は、幅71mm、奥行き53.2mmと、名刺サイズより小さく、スタイリッシュでコンパクトなボディを実現した。高度なセキュリティー、AES 256bit対応のハードウェア暗号化アルゴリズム機能を搭載。パスワード1つでデータアクセスを厳重にガードできる。耐衝撃性、耐振動性、耐熱性も備える。

新技術「Samsung 3D V-NAND」を採用、高いパフォーマンスと耐久性を実現した。「ターボライトテクノロジー」による転送速度は、読み出し・書き込みとも1秒あたり450MB。同クラスの外付けHDDと比較し、3〜7倍のデータ転送を実現したという。

パソコン推奨環境はWindows 7/Mac OS X 10.7以降。USB3.0ケーブルが付属する。市場想定価格は、250GBモデルが2万8000円、500GBモデルが4万3000円、1TBモデルが8万6000円。