「21世紀の資本」ピケティ氏が初来日 日本の経済政策に懸念を示す

ざっくり言うと

  • 「21世紀の資本」の著者・ピケティ氏が初来日し、シンポジウムへ出席した
  • アベノミクスについて「所得税の累進性を高めるべき」と主張している
  • 金融政策だけでなく、財政改革、教育改革、累進性のある税制改革が必要とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング