新型「アルファード」

写真拡大

トヨタ自動車は2015年1月26日、高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」をフルモデルチェンジし、発売した。メーカー希望小売価格は319万7782円〜703万6691円。

アルファードは「豪華・勇壮」、ヴェルファイアは「大胆・不敵」がテーマ

新型「アルファード」「ヴェルファイア」は、「大空間高級サルーン」をキーワードとして開発。アルファードは「豪華・勇壮」を、ヴェルファイアは「大胆・不敵」をテーマに、特長をより際立たせた外観に仕上げた。両車の基本性能はほぼ同じで、いわば兄弟モデル。「アルファード」がトヨペットで、「ヴェルファイア」がネッツで、と販売チャンネルは異なる。

その基本性能だが、リヤの足回りに新開発のダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。ボディー剛性の強化と相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。また、徹底した振動・防音対策や、風切り音に有利な車両形状の追求により、心地よい静粛性を達成している。

パッケージは、フロアの低床化により、全高は1880ミリ(従来型比マイナス10ミリ)としながらも、従来型と同等の室内高1400ミリというゆとりの空間を確保。助手席スーパーロングスライドシートやLEDルーフカラーイルミネーションなどを備える。

安全面では、ドライバー視線で車両を透かしたような映像を表示する新機能「シースルービュー」を追加したパノラミックビューモニターや、複数回の前後移動を含めて自動でステアリング操作を行う切り返し支援などの新機能が加わったインテリジェントパーキングアシスト2などを装備する。