マダガスカルのシンボル、バオバブ           (Photo:©Alt Invest Com)

写真拡大

 昨年末にマダガスカルに行ってきた。記憶が新しいうちに、ちょっとした観光のアドバイスを。

 マダガスカルはアフリカ大陸の東、インド洋に浮かぶ島で、面積は58万7000平方キロだから、日本(37万8000平方キロ)よりひと回り大きい。

 マダガスカル島は1億〜1億5000万年前にアフリカ・インド両大陸から分離したため、キツネザルやカメレオン、『星の王子さま』で知られるバオバブの樹など、独自の進化を遂げた動植物が多く見られることで知られ、近年は日本でも人気の観光地になってきた。

 人種的には、マダガスカルのひとたちは紀元1世紀頃にボルネオからやってきた海洋民族マレー人の子孫で、サブサハラ(サハラ砂漠以南)のアフリカ大陸の黒人とはちがって小柄だ。

 マダガスカルはもともとイスラーム圏の商人が交易に利用するだけの辺鄙な島だったが、17世紀にフランスが進出し、その後の植民地化でフランスの世界戦略の拠点のひとつとなった。公用語はフランス語だがローカル言語はマレー語に近いマダガスカル語で、1960年の独立以降はインドとの関係を深めている。その意味でマダガスカルをアフリカの一部と決めつけることはできないが、日本人旅行者にとっての魅力が、私たちが漠然と思い描く「アフリカ」にあることは間違いない。

 貧しくともたくましく生きるひとたち、子どもたちのはじけるような笑顔、崩壊したインフラ、混沌と混乱、社会の矛盾――そうしたものすべてが、マダガスカルにはある。

ビザ

 マダガスカルを訪れる観光客が最初に戸惑うのはビザだ。

 在日マダガスカル大使館のホームページによれば、観光・商用の短期滞在(滞在日数90日以内)には短期滞在用ビザの取得が必要で、ビザ申請1件につき1万2,665円の申請料金がかかる。

 このビザは大使館以外にマダガスカル入国時にも取得可能だとして、以下のような説明が書かれている。

「空港または港での入国時に仮短期ビザの取得が可能です。ただし入国より72時間以内に、内務省にてビザの延長手続きを取る必要があります。」

 この記載には、じつは重要な情報がひとつ欠けている。それは、ビザを入国時に取得すれば「無料」だということだ。

 首都アンタナナリボ国際空港の入国管理では、次の3種類のビザが案内されていた。


2〜3カ月 77ユーロ
30日超〜2ヶ月 55ユーロ
30日以内 無料


 ほとんどの観光客は1カ月もマダガスカルに滞在しないだろうから、そのまま入国審査の列に並んで入国スタンプを捺してもらえばいいだけだ。30日を超えて滞在するときはビザの延長手続きが必要になるが、これも大半の観光客には無関係だろう。

 日本でのビザ申請料金(1万2,665円)がほぼ77ユーロに相当することから、記載されているのが90日(3カ月)以内の短期滞在ビザで、これが正規料金だと推察できる。ところがなぜか、空港では60日(2カ月)以内の55ユーロのビザと、30日(1カ月)以内の無料のビザも発行されている。

********************************************************************************
上記の記述に対し、在日マダガスカル大使館の英語版ホームページにはビザ料金の正しい説明が記載されているとのご指摘がありました。以下はそれを受けて修正したものです。ご指摘、ありがとうございました(2015年1月30日)。
********************************************************************************

 その後、在日マダガスカル大使館の英語版ホームページには30日以内の無料の観光ビザを含め、正しいビザ料金が記載されているとの指摘を受けたが、それでも疑問は残る。ほとんどの日本人は、大使館のホームページに日本語のビザ情報が記載されていれば、わざわざ英語版まで確認しようとは思わない(私もマダガスカルの観光ビザは有料だと思い込んでいて、空港で無料だと知って驚いた)。

 短期の観光ビザが無料か1万2000円かは旅行者にとって重要な情報だ。それがどういうわけか、英語版には書いてあって日本語版では割愛されている。

 新興国などで入国時にビザが必要なところはあるが、たいていは20〜30ドル程度(アジアではインドネシア35ドル、カンボジア30ドル、ミャンマー4000円)で、1万円を超える申請料金はきわめて高い。在日マダガスカル大使館の英語版の記述に気づかず、日本で高額のビザを取得したひとは、空港でほとんどのひとが無料で入国していくのを見たらいい気持ちはしないだろう。

 もしかしたらマダガスカル大使館では、申請者の旅行日数を確認して、30日以内なら無料でビザを発給しているのかもしれない。しかし正しいビザ情報が日本語で記載されていれば、申請者はそもそも大使館に行く必要はないし、大使館のスタッフも無料ビザを発給する手間を省くことができるだろう。

 ビザについての紛らわしい記述のために第一印象が悪くなれば、せっかくの旅がだいなしになってしまう。そんな誤解を招かないためにも、日本語版のビザ情報も英語版と同じにした方がいいのではないだろうか――あくまでも個人的な意見ですが。

空港から市内へ

 マダガスカルの空港は、首都のアンタナナリボ国際空港にもボーディングブリッジはない。こうした場合、バスで飛行機とターミナルの間を移動するのだが、マダガスカルではすべて徒歩だ。新興国の国内線では珍しくないが、国際線で飛行場を歩かされるのははじめての体験だった。

 次の驚きは荷物の受け取りで、国際空港なのにターンテーブルが1本しかなく、到着便が重なると前の便の乗客が手荷物受け取り場に溢れんばかりになって、たいへんな混雑になる。

 ようやくのことでスーツケースを引っ張り出し到着ロビーに出ると、そこもひとで溢れていて仰天するだろう。マダガスカルでは公共交通機関が発達していないので、大きな荷物を持って帰国したマダガスカル人(在住者)は家族や知人に車で迎えに来てもらう。出迎えは現地のひとにとって一大イベントらしく、家族総出でやってきたりするから、到着ロビーの人数が膨れあがるようだ。

 その人混みを掻き分けて、とりあえずATMカウンターに向かう。マダガスカルの通貨はアリアリ(MGA)で、1MGA=0.0623円(2015年1月27日現在)。1万MGAが約600円だから、簡便な計算方法は100で割って6を掛ければいい。

 マダガスカルは現金社会で、クレジットカードが使える店はあるものの3%程度の追加手数料を取られたり、カードの読取機に反応しないことも多い。後述のようにいろいろな場面でチップが必要になるので、ホテルなどで1000アリアリ札(約60円)に両替しておくと便利だ。

 市内にも銀行はあるが、開店前から長い行列ができていたりする。外国人旅行者が利用するホテルのロビーにはATMが置かれているので、大金を持ち歩きたくない場合はそこで必要な額を引き出せばいいだろう。

 現金を手にして振り返ると、タクシー許可証らしきものを手にしたドライバーが待ち構えている。空港から市内までは15キロほどあり、ホテルで手配すると5万(約3000円)〜6万(約3600円)MGA。空港のドライバーが提示した金額が4万〜5万MGAだったから、露骨なぼったくりはなさそうだ。空港前の道路から乗り合いバス(タクシー・ベ)に乗ればその100分の1くらいなるだろうが、バックパッカーでもそこまでするひとは多くないだろう。

 空港から市内(もしくはその逆)への移動で最大の問題は交通渋滞だ。マダガスカルには高速道路というものがなく、ほとんどは街灯もない1車線の道路で、交通量の多い雨の日などはまったく動かなくなってしまう。早朝や深夜なら空港−市内間は30分くらいの距離だが、昼間だと3時間は覚悟する必要がある。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)