BOOK-OFF 西宮建石店のツイート

写真拡大

30日、BOOK-OFF 西宮建石店を名乗るTwitterアカウントが、28日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の取材についてヤラセがあったことを告発するような投稿をした。

番組では「ブックオフの福袋買うヤツ どうかしてる説」として、正月にBOOK-OFF 西宮建石店が販売した、1,000円で15冊のコミックが入っている「コミック試し読み福袋」の中身の検証をした。

検証VTRでは、BOOK-OFF 西宮建石店に協力してもらったとして、番組の取材班が店舗に張り込み、福袋が売れる瞬間を狙った。

福袋を購入する客が現れると、インタビューを敢行して、福袋の中身もその場で見せてもらっていた。番組では、福袋の中身は、コミックの巻数がバラバラに入っている訳ではないとしながらも、メジャーな作品はほとんど入っていなかったことを強調していた。

なお、番組司会のダウンタウン・浜田雅功は検証VTR中、「どうかしてる」というフレーズのナレーションに「言い方が悪い」「言うな」など逐一ツッコミを入れていた。

そんな番組内容に対して、BOOK-OFF 西宮建石店を名乗るTwitterアカウントが、ヤラセを告発するような投稿をした。放送前までこのアカウントは、2日から始まったという取材の段取りを投稿していたが、放送終了後の投稿では不満を露わにしている。

このアカウントの投稿によると、販売する福袋について「完全にバラバラなタイトルで中身を見せずに作ってもらえませんか」というヤラセの提案もあったそうだ。

また、放送内容についても批判的で、2日間に渡る撮影のうち2日めは、取材班の前で福袋が数個売れていたことを証言したうえで「どうかしてるぜで終わる編集は、それこそ、どうかしてるぜ」と指摘している。

なお、番組では、あくまでBOOK-OFFの福袋は、店舗が独自に販売しているものであり、BOOK-OFFが公式に販売している商品ではないとアナウンスしていた。







以降は、放送終了後の投稿。











【関連記事】
岡田斗司夫氏、愛人リスト流出の次は盗作疑惑が浮上
千原ジュニアがおのののかの“ヤラセ疑惑”に厳しいツッコミを入れる
ビートたけしが過去のクイズ番組の“やらせ”を激白「ハナからやらせで、クイズなんて出てない」