投資術を語る杉村太蔵

写真拡大

 テレビの中ではお調子者のイメージだが、2010年の参議院選落選から4年間で1億円の資産を築いた投資家でもある杉村太蔵さん(35才)。初著書『バカでも資産1億円「儲け」をつかむ技術』(小学館刊)も好評な太蔵さんに「タイゾー流投資術」の基本を教えてもらいました。

 * * *
 ぼくは外資系証券会社で働いていた頃、上司や先輩のアナリストたちから本当にいろんなことを学びました。何ごとも株と関連づけて考えるクセみたいなものが身についたと思います。

 証券マンは、天気の長期予報を必ずチェックしています。なぜなら、天気によって株価がどう影響するかを先読みするためです。例えば“今年の夏は猛暑”という予報があるなら、飲料水が売れるから飲料メーカーの株は注目、エアコンが売れるから家電メーカーの株は上がるかもしれない、と判断できるわけです。

 円安になると自動車株など輸出企業の株価はどう動くのか、原油価格下落で影響を受ける企業は? とニュースにアンテナを張るようになる。政治や国際情勢も株価と関連があるので無関心ではいられません。株を始めると、社会が断然、面白く見えてくるんですよ。

 ぼくが株で大勝負に出たのは約2年前。2012年11月、民主党代表だった野田佳彦首相(当時)が自民党総裁の安倍晋三さんに解散を突然、提案した時です。「このタイミングしかない!」とその翌週、証券口座に入っていた資金をすべて投資に回しました。

 当時の日経平均株価は8000円程度。総選挙で安倍政権が誕生すれば、アベノミクス関連銘柄の株価が上昇するとよみました。翌年の東京五輪招致決定時には証券口座の全額をETF(上場投資信託)と五輪関連銘柄の建設株など集中投下。よみ通り株価は上昇し、約1年で2600万円の利益を出すことができました。

 機を見て全財産を投資する。それがタイゾー流投資術のひとつです。もっともこのやり方で勝つには、流れにいち早く乗らないといけない。政治の動きなど、日頃のニュースを注視しながら株価への影響を考える。やはり、基本が大事ですね。

※女性セブン2015年2月12日号