25日、過激派組織「イスラム国」が英語を話す戦闘員だけで構成する新たなキャンプを設営したと報じられた。英語圏でのテロ行為が目的とみられている。資料写真。Record China

トルコ南部での取材自粛要請 イスラム国が日本人記者の情報を把握か

ざっくり言うと

  • 外務省が30日、トルコ南部にいる邦人記者に滞在を控えるよう注意喚起をした
  • 記者の集結を「イスラム国」関係者が把握し、危害を及ぼす恐れがあるという
  • ネット上に、邦人記者個人を特定できる顔写真も出回っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング