アマゾンが、メールとカレンダーのクラウドサーヴィス「WorkMail」を発表した。価格は、1アカウントあたり月4ドル。「Microsoft Outlook」などでも利用できる。

「アマゾン、メールとカレンダーのクラウドサーヴィス「WorkMail」を発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

アマゾンは、Eコマースの会社として最も知られている。しかし、数々のクラウドコンピューティングサーヴィスを開拓し、世界中の企業にテクノロジーを提供しているIT企業でもある。そして、アマゾンのITにおける野望は、ますます膨らみ続けている。

アマゾンは1月28日(米国時間)、メールとカレンダーのクラウドサーヴィス「WorkMail」を発表した。『The Wall Street Journal』(WSJ)紙の記事によると、WorkMailは、マイクロソフトなどが提供している電子メールサービスに対抗するものだという。価格は、1アカウントあたり月4ドル。「Microsoft Outlook」など、使い慣れた電子メールクライアントでも利用できる。

WSJ紙によると、セキュリティー強化のためWorkMail上のメッセージを暗号化する技術が提供される。また、企業が導入する際は、暗号の解読に必要なキーを企業が管理できるという。

一部業界や、プライヴァシーが優先される国々(ドイツをはじめとする欧州諸国など)には、電子メールが指定された地域にのみ保存されるようにするツールも提供される。

アマゾンはWorkMailで、電子メールをはじめとするオフィス向け生産性ツールに君臨するマイクロソフトを打ち負かすことを目指す、数々の企業に加わることになる。「Google Apps for Business」のグーグルのほか、Dropbox社、Evernote社、Box社、Quip社などが競争相手だ。

TAG

AmazonEnterpriseOfficeToolWiredUK