2015年1月30日、ニューヨーク証券取引所上場企業である、中国大手B2B企業、阿里巴巴(アリババ)が、2014年の経営報告を提出した。
 
 報告によると、アリババ2014年第4四半期(10月―12月)の営業収入は、2013年同期と比較して40%増加し、261億7900万元(約4939億9500万円)に達した。

 また、アリババ2014年のインターネット小売プラットフォームにおける取引総額は、7870億元(約14兆8506億円)であった。
 取引額内訳は、CtoCサイト、淘宝(タオバオ)の取引額が4940億元(約9兆3217億円)。BtoCサイト、天猫(Tmall)の取引額が2930億元(約5兆5289億円)となっている。

(China Press 2015:IT)