藍は暫定16位タイ(Photo by Chris Trotman/Getty Images)

写真拡大

<コーツ・ゴルフ選手権 2日目◇29日◇ゴールデンオカラGC(6,541ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるゴールデンオカラGCを舞台に開催中の米国女子ツアーの今季開幕戦「コーツ・ゴルフ選手権」2日目。進行の遅れから初日がサスペンデッドとなったが、この日も日没で2日連続のサスペンデッドに。午後2時10分にインコースからスタートした宮里藍は15ホールを消化。スコアを3つ伸ばし、トータル2アンダーで暫定16位タイまで順位を上げた。
コーツ・ゴルフ選手権、2日目のリーダーボード
 残念ながらホールアウトはできなかったが、「終われないというのは分かっていたので(笑)。6番のパー3が難しいので、今日の流れで6番までいければというイメージでやっていた」とちょうど自身の想定したところでプレーを区切った宮里。「バーディ獲ろうバーディ獲ろうという気持ちではなく、自分のやるべきことやった」を冷静なプレーでトップ10が狙える位置まで順位を上げてきた。
 課題だったパットも「昨日に引き続き良かった。上手いことストロークできているし、欲も無く自分のストロークできた。グリーンのスピードが自分にあってた。しっかり打っても1メートルオーバーで止まってくれているので。その感触で明日も行きたい」と今週は好感触。特にロングパットがスコアメイクを助けており、長いトンネルにもようやく出口が見えてきた。
 「まずはあと3ホール。何があるかわからないし、自分の調子も日替わりなので。まずは3ホールを消化して決勝ラウンドのことを考えたい」。まずはしっかり予選突破し、さらに上へ。「1日1日の積み重ね」が大事だと話した宮里、完全復活へ向け開幕戦からしっかり歩みを進めている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】ルーキーさくら、米国挑戦のクラブセッティングは?
最新のギア情報&試打レポートをチェック!